宮城県仙台市で焼き物・陶磁器を買うならここ!おすすめの4選。

こんにちは。

煎茶道教室を開催している翼仙(よくせん)です。

今回は私の地元である宮城県仙台市で、素敵な焼き物を購入できるお店をご紹介させて頂きます。

宮城県仙台市で焼き物を買うなら

仕事がいそがしく、でもQOL(クオリティオブライフ)の質を上げたい、日々せわしなく動いているけど、生活を見つめ直したい。そんなお声を最近よく聞きます。

新型コロナウイルスの影響でおうち時間がふえた今だからこそ、食器や服、身のまわりのものに目をとめてみませんか。

今回はその第一歩として、宮城県仙台市で素敵な器を購入できるお店をピックアップしました。

ぜひ最後までご覧くださいね♪

茶道具や煎茶道具を展示販売「大正園」

大正園(たいしょうえん)さんは、宮城県仙台駅から徒歩5分、仙台市のランドマーク的エリアであるアーケード街”名掛丁”にある、明治創業の老舗お茶屋さんです。

店内にはお茶の販売以外にも、茶道や煎茶道でつかわれる茶道具や、雑貨、生け花のお道具など、和のものがたくさん並んでいます。

煎茶道具もわざわざ京都の職人さんから仕入れているようで、お道具の裏側に銘があり、しっかりとした造りのものが展示されています。

ーーーー基本情報ーーーー

住所: 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁目8−33

問合せ先:0222233080

営業時間 10:30~18:30

アクセス:JR仙台駅から徒歩5分、仙台市営地下鉄「青葉通り駅」から徒歩5分

仙台の焼き物といえば「堤焼乾馬窯」(つつみやきけんばやき)

300年以上の歴史を持つ陶器「堤焼」(つつみやき)は、宮城県指定伝統的工芸品であり、仙台を代表する工芸品です。仙台で採れる粘土を使用し、地元の岩石や籾殻の灰を釉薬とする、素朴で力強い焼き物です。”なまこ釉”というなまこの表面のようなドット柄のデザインが有名で、主にお皿や茶碗などの生活雑貨から、花器や茶道具など幅広く制作されています。

水の森公園キャンプ場すぐ横に窯元があり、敷地内ではギャラリーがあります。そこで堤焼の展示販売がおこなわれており、自分のお気に入りを心置きなく探すことができます。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒981-3121 宮城県仙台市泉区泉区上谷刈赤坂8−4

営業時間:9時00分~18時00分

問合せ先:022-372-3639

駐車場:事前に電話連絡の上、到着後に再度電話

宮城ふくめ全国のかわいい民芸焼き物が集まるお店「仙台光原社」

日本や世界各地の手仕事品を販売するお店「仙台光原社」があります。ひとつひとつが、日本各地の職人さんの手でていねいに作られた商品(手仕事)は、機械で作られた製品にはない温かさをもっています。

店内は二階建て。1Fは陶器を中心とした手仕事品が並んでいます。2Fは洋服や染物、布製品がメインとなっています。陶磁器は1F部分にメインで並んでいます。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目4−10

営業時間:10時00分~18時00分

問合せ先:022-223-6674

アクセス:仙台市営地下鉄「青葉通一番町駅」徒歩10分

design labo necco sendai/デザイン ラボ ネッコ センダイ

design labo necco sendai(デザイン ラボ ネッコ センダイ)さんは、企画展などもある器を中心とした雑貨店で「デザインの力で生活をより良く」をコンセプトとしたショップです。職人さんや作家さんの手しごとを感じられるあたたかいデザインの商品が多く、思わず時間を忘れていますほど見入ってしまいます。

じつは先述した仙台光原社さんから徒歩1分のほどの位置にあり、この周辺に来られた際は、どちらもご来店されることをおすすめします。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目15−38 小林ビル3F

営業時間:12時00分~18時30分※火曜、水曜、木曜定休

問合せ先:022-796-5203

アクセス:仙台市営地下鉄「青葉通一番町駅」徒歩10分

いかがでしたでしょうか。

仙台は素敵なお店がたくさんありますね。

休日が楽しみになりますね。

どこもかわいらしくも、素敵な商品ばかりで、仙台の方のセンスが光りますね。

今回もご視聴いただき、ありがとうございました。