萩焼とは?歴史や由来、作家を解説

山口県の伝統工芸である萩焼をご紹介

山口県を代表する工芸品「萩焼(はぎやき)」について、歴史や由来、特徴について、現地レポートを共にまとめた記事です。

萩焼の産地である萩市は、長州藩主であった毛利輝元の城下町でありました。現在ではかつての歴史が感じられる遺構が数多く残っており、崩れかけた土塀、街を流れる藍場川、そして窯場、茶器を売る店、抹茶をいただけるお店など、観光にも最適です。

約5分ほどで読める内容になっており、以下のような方におすすめしたい記事です。

  • 焼き物や器が好き
  • 山口県に観光や旅行を検討されている方
  • 丁寧な暮らしに興味のある方

萩焼とは

萩焼とは、400年以上の歴史をもつ、山口県萩市で生産される陶器です。茶道具の産地として有名で、日本の焼き物と言えば「一楽、二萩、三唐津」という言葉が残るほどです。

萩焼の歴史とは

萩焼の歴史は古く、戦国時代を代表する大名である毛利氏の御用窯として発展しました。その後、江戸時代に毛利輝元(もうりてるもと)が朝鮮から李勺光(りしゃこう)、李敬(りけい)の陶工兄弟を連れて帰り、萩の城下町に築窯させて以来、この地では一貫して茶道具が作られています。さらに茶の湯好きとして有名な出雲国松江藩主の松平不昧(まつだいらふまい)によって茶道具として見いだされ、いまでは全国に名がとどろく陶器になりました。

萩焼の特徴とは

萩焼の特徴は、やわらかで素朴な風合いがあり、使われる陶土と釉薬により生まれる「萩の七化け」と呼ばれる貫入になります。萩焼の陶土は大道土という白く明るい色合いのもので、枇杷色の焼き物が出来上がります。また萩焼の表面には細かいヒビが入る貫入が全体的に見られます。このヒビが長年使うことにより着色され、器の風合いが変わっていく「萩の七化け」と呼ばれる現象がおきます。まさに自分だけの萩焼といったオリジナリティ溢れる焼き物になります。

萩焼の窯元

萩焼の郷である山口県萩市に行ってました。

萩市は山口県北部に位置し、日本海に面した港町もであります。

海鮮市場もあり、はぎ温泉郷もあるなど観光都市です。

交通機関はそこまで発達していないので、車での移動をおすすめします。

萩焼窯元 泉流山

萩焼窯元 泉流山 取手付四角花入れ

萩焼窯元 泉流山(せんりゅうざん)は文政9年創窯の老舗窯元で、登り窯や蹴りロクロなど本格的な萩焼製造・販売をおこなっている窯元ギャラリーです。

萩焼窯元 泉流山の詳細情報はこちらです。

  • 住所:〒758-0011 山口県萩市大字椿東4481
  • 営業時間:9時~17時
  • 定休日:水曜日
  • 問合せ先:0838-22-0541
  • アクセス:JR山陰本線東萩駅より車で5分

萩焼 大屋窯

萩焼大屋窯の基本情報は下記の通りです。

  • 住所:〒758-0061 山口県萩市椿905
  • 問合せ先:0838-22-7110
  • 営業時間:13:00-17:00
  • アクセス:中国道美祢東JCT~絵堂ICから車で約20分

萩焼をの博物館や美術館

萩焼をもっと知るためにおすすめの博物館や美術館、資料館をご紹介します。

萩焼資料館

山口県萩市にある経済産業大臣指定・伝統的工芸品萩焼を紹介する資料館です。約400年前の萩藩御用窯時代の萩焼、江戸初期の松本窯や三ノ瀬窯の初期の作品、家祖伝来のものや萩の旧家に長年眠っていた名品珍品が数多く

萩焼資料館の基本情報は下記の通りです。

  • 住所:〒758-0057 山口県萩市大字堀内502−6
  • 開館時間:9:00~17:00(年中無休)
    料金:大人500円 小人300円
  • 問合せ先:TEL 0838-25-8981
  • アクセス:JR山陰本線東萩駅から車で7分、萩循環まぁーるバス(西回りコース)「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」バス停より徒歩4分

石井茶碗美術館

石井茶碗美術館の基本情報は下記の通りです。

  • 所在地: 〒758-0077 山口県萩市南古萩町29
  • 問合せ先:0838-22-1211
  • 開館時間 9:00~12:00、13:00~16:45
  • 入館料:大人500円、小中高生300円
  • アクセス:JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで17分、「萩美術館浦上記念館・萩地方合同庁舎前」下車、徒歩5分

山口県立萩美術館・浦上記念館

山口県立萩美術館・浦上記念館は、萩市出身の実業家、浦上敏朗氏が収集したコレクションが並ぶ、萩市にある美術館です。

3つのジャンルにわけられており、浮世絵版画約5,000点、東洋陶磁約400点、陶芸・工芸が多数展示されています。

その豊富なコレクションと、貴重さ、館内の清潔さなどからミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星(寄り道する価値がある)にも登録されており、山口県にきたら外せないスポットです。

山口県立萩美術館・浦上記念館の基本情報は下記の通りです。

  • 住所:〒758-0074 山口県萩市平安古町586−1
  • 問合せ先:0838-24-2400
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 入館料:一般300円、学生200円(毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)、年末年始)
  • アクセス:JR山陰本線・萩駅よりまぁーるバス西回りで17分、「萩美術館浦上記念館・萩地方合同庁舎前」下車すぐ

吉賀大眉記念館(よしかたいびきねんかん)

萩陶芸美術館「吉賀大眉記念館」は、萩焼の展示施設として萩で唯一の総合美術博物館です。

萩焼最高峰で国の文化功労者、萩焼窯元泉流山の代表作品や江戸期の古萩、大眉ゆかりの関連作品が一堂に展示されています。

吉賀大眉氏は、先述した萩焼窯元泉流山の先代当主です。館内では吉賀大眉と他の作家さんとのコラボ作品も展示されたりと企画展も多いので、萩焼に興味を持たれた方はぜひ訪問してみてください。

吉賀大眉記念館の基本情報は下記の通りです。

  • 住所:〒758-0011 山口県萩市 大字椿東前小畑426−1
  • 問合せ先:0838-26-5180
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 入館料:大人500円、大高生300円、中小生200円
  • アクセス:JR山陰本線・東萩駅下車、徒歩15分

熊谷美術館(くまやびじゅつかん)

熊谷美術館の基本情報は下記の通りです。

  • 住所:〒758-0052 山口県萩市大字今魚店町 47番地
  • 問合せ先:083-822-7547
  • 開館時間:9:00~17:00(毎週月曜日休館(祝日の場合は翌日)、年末年始)
  • 入館料:大人700円、小人400円
  • アクセス:・JR山陰本線・東萩駅下車後に徒歩20分、JR山陰本線・萩駅からまぁーるバス東回りで9分、「熊谷美術館前」下車すぐ

焼き物好きにおすすめの記事

萩焼の記事はいかがでしたでしょうか。

山口の萩市は古い町並みが残り、一生に一度は行ってみたい場所です。

さらに焼き物や陶磁器に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

全国のやきものの産地や特徴を一覧にしてまとめていますのでぜひ合わせてご覧ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です