石川県の”九谷焼”について|美しい煎茶道具をもとめて

こんにちは。

煎茶道大阪上本町教室の翼仙です。

今回は煎茶道具(せんちゃどうぐ)でもよく見かける、石川県の工芸品である九谷焼(くたにやき)の産地に関する記事です。

九谷焼は、磁器(じき:陶石からつくる焼き物)であることが特徴ですが、磁器であるがゆえに、美しい色絵が描かれ”世界一美しい焼き物”と言われることもあります。

その美しさの秘密や、その技術力の背景にあるもの、ストーリーを勉強しに、石川県加賀市行った際の情報をまとめました。

美しい煎茶道具をもとめてとは。

日本茶の趣味として、煎茶道という伝統芸道があります。抹茶の茶道は有名ですが、煎茶道とは急須からお茶をいれる茶道の流派です。茶道と同じようにたくさんの煎茶道具をもちいて、お客様に美味しいお茶をいれるため、”見て”楽しんでいただくためにも道具の美しさは重要です。

このシリーズでは、お客様にお茶をより美味しく、より楽しく飲んでいただくために、各地の伝統工芸の産地に勉強に行ったこともふくめて、まとめた記事です。

地方文化を盛り上げたい。

私ごとですが、地方文化や伝統工芸をもっと盛り上げたいと思っています。

いま日本の社会問題としてあげられる伝統産業の担い手不足や、地方からの若者流出、人口減少、限界集落問題などがあります。

たくさんの要素がかさなって、こういった社会問題が発生していますが、わたしは地方文化や伝統産業の魅力をもっと広報PRすることで、サポートしていきたいと考えています。

地域の人がみんなで守ってきた文化や風習、慣習。そこには優しい魅力があり、その魅力を発信して理解してもらうことが地域への愛着につながり、問題解決の小さな糸口になると考えおります。

みんな地方文化を盛り上げましょう!

九谷焼ってなに?

九谷焼の花器

九谷焼は、石川県南部の金沢市、小松市、加賀市、能美市で生産される色絵の磁器(じき)です。江戸時代に加賀国大聖寺藩(だいしょうじはん:加賀藩の支藩のこと)の九谷村の鉱山から陶石(とうせき:白色軟質の岩石のこと)が発見されたことと、加賀藩の職人が、今の佐賀県有田町で磁器作りの技術を学んで来たことによって、17世紀の半ば頃、九谷の地で始められたのが最初の九谷、つまり”古九谷”(こくたに)だといわれています。

九谷焼の歴史は、①江戸時代前期、②江戸時代後期、③明治時代~昭和時代前期、④昭和時代後期~現代、という4つの時期に大きく区分されます。また、九谷焼は360年の歴史の中から生まれた様々な絵付け様式があります。

初期のものが古九谷焼ですが、藩内の政治事情や後継ぎの問題で生産がストップし、一度古九谷は潰えます。再度職人を招致しておこなったのが”再興九谷”(さいこうくたに)です。大聖寺藩の有力商人であった豊田伝右衛門(とよだでんうえもん)の吉田屋窯(よしだやがま)を中心に、赤絵の宮本窯(みやもとがま)、金襴手(きんらんで)で赤絵との融合により豪華絢爛な焼き物となった永楽窯(えいらくがま)、素朴だがスマートなフォルムの青木木米(あおきもくべい)風の春日山窯(かすがやまがま)などが誕生し、九谷焼は隆盛を極めました。

九谷焼を知るにはここが一番効率が良い!「九谷焼窯跡展示館」

煎茶道ともゆかりのある九谷焼の資料館「九谷焼窯跡展示館」

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒922-0242 石川県加賀市山代温泉1丁目101−9

入館料:一般 350円 / 75歳以上 170円 / 団体(20名以上) 290円

開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

問合せ先: TEL 0761-77-0020 / FAX 0761-77-0031 / E-mail kamaato@kagacable.ne.jp

アクセス:(電車)JR加賀温泉駅で下車、駅からタクシーで10分、(自動車)北陸自動車道 加賀インターから、国道8号線で金沢・小松方面に向かって20分

石川県の九谷焼窯跡展示館の正面玄関

北陸の名湯である加賀温泉郷・山代温泉(やましろおんせん)からほどちかく、九谷焼窯跡展示館(くたにやきかまあとてんじかん)があります。

こちらでは、古九谷を再興した吉田屋窯から宮本屋・九谷本窯と受け継がれる九谷焼窯跡が見ることができ、また九谷焼のデザインで絵付けや、ろくろの陶芸体験ができます。

住宅街の真ん中にあるので、見逃さないように気を付けてくださいね。

拝観料を支払い、館内に入ると、何やら資料館とは思えない光景が見えてきます。

なんとこの展示館、九谷焼の職人さんが目の前で作業している光景が見えるのです。

九谷焼の職人さんが目の前で、お碗やお盆、皿などの成型や絵付けなどをしており、実際の工房の風景が想像できます。

九谷焼窯跡展示館内の作業場

そしてこちらの作業場には、成形して形を整えたばかりの作品が見れます。

これがあの色絵が特徴の九谷焼になるとは驚きですね。

逆にこれくらい白くないと色絵が引き立てれないということでもありますが。

煎茶道具にもつかわれる九谷焼の絵付け前の様子

九谷焼は。陶石(とうせき)から磁器作りのもととなる粘土を作り、ろくろや鋳込(いこみ)等の技法で素地を作ります。

色付けはより”細かい絵”を”丹念”(たんねん)に描き入れます。(記事下で、この言葉の意味が分かります。)

力強い白と黒の水墨画のような絵に、まだ色が出ていない状態の色絵具をそっとのせるように置きます。この絵具が炎により美しく発色し、ガラス質に変わって、白地の磁器が色鮮やかに生まれ変わります。線書きの筆使いの鋭さと、上絵具の重厚さから九谷焼が生まれます。

こちらが九谷焼のベースとなる陶石です。

真っ白や石を粉砕し、粉末にしたものを使います。

煎茶道具にもつかわれる九谷焼の原材料「陶石」

こちらが九谷焼の完成イメージです。

さきほどの陶石を見てから改めて拝見すると、白さがあるから、色絵がより際立っていることがわかります。

九谷焼の襖の引手

こちらが赤絵の九谷焼です。

九谷焼の特徴の1つですが、器の表面全体が赤く色づけされているのがわかります。

ちょっと遠いので近くで見てみましょう。

レトロな九谷焼

この吸い込まれそうな朱が美しいですね。

先述したように、九谷焼の特徴として、丹念に絵が描かれている点をあげました。

こちらが分かりやすい器になるので、手前にある拡大鏡で、もっと近づいてみて、デザインを見てみましょう。

石川県の焼き物「九谷焼」

こちらが拡大鏡を通してみたデザインです。

なんと百人の仙人が描かれています。

拡大鏡を通してみないと分からないほど細かく描かれています。

こんな細かい意匠ははじめてみました。

もっと九谷焼に興味を持ちましたね。

工芸品「九谷焼」の登り窯や錦窯(にしきがま)

さらに館内を奥に進むと、九谷焼の窯が展示されていました。

石川県の陶磁器である九谷焼の登り窯

昭和15年に作られた、九谷焼としては現存最古の登り窯です。昭和40年頃まで実際に使われていたそうです。

一回の窯詰めで約1000個入ったそうです。

石川県加賀市にある九谷焼窯跡展示館

さらに奥に進むと、江戸時代前期に作られた”古九谷”のような色絵磁器を復活させようと、大聖寺の豪商豊田伝右衛門が江戸時代後期に築いた吉田屋窯の跡(国指定史跡)を、発掘された状態のまま公開されていました。

大きさでいうと、フットサルコート2枚分ぐらいあります。

文政9年(1826)、大聖寺の豪商吉田屋伝右衛門によって九谷村から移されて以降、同一場所で作り替えや修理を繰り返しながら昭和15年まで受け継がれた再興九谷の登り窯跡で、生産量はさきほどの小規模の登り窯の比じゃありません。

ここで焼かれた”再興九谷”が全国、全世界に輸出されていったのですね。

登り窯の横には、現在も稼働している錦窯がありました。

こちらはいまも職人さんが年に数回つかっていて、さきほど入り口でつくられていた作品に色付けした後にこちらで焼いて、販売もするそうですね。松の割木を燃料にして、風合いを出しながら焼成していくそうです。

小さい館だったので、どんなものが見れるのかと思っていましたが、なかなかのボリュームでした。

こちらでは絵付け体験やロクロの陶芸体験なども定期的に行われているので、ぜひ石川県に訪れた際には、寄ってみてください。

また九谷焼にご興味を持たれた方に、もっと九谷焼のことを学べるスポットをいくつかピックアップしましたので、こちらも併せてご覧ください。

究極の九谷焼たちを見たいならここ!「石川県九谷焼美術館」

ーーーー基本情報ーーーー

名称:石川県九谷焼美術館

住所:〒922-0861 石川県加賀市大聖寺地方町10−13

問合せ先:+81761727466

開館時間:9:00–17:00 ※ご入館は16:30まで、月曜休館 (祝日の場合は開館)

アクセス:JR大聖寺駅から徒歩で7分。

石川県九谷焼美術館

JR大聖寺駅(だいしょうじえき)のほど近く、「古九谷の杜親水公園」の一角に建つ、九谷焼発祥の地である石川県加賀市になる陶芸美術館です。

青手、色絵五彩手、赤絵金襴手と呼ばれる上絵付けの三様式にあわせて、青手の間、色絵五彩の間、赤絵金襴の間として数多くの作品が展示されています。また古九谷をふくめて雰囲気の異なった展示空間を、それぞれ趣向を凝らした展示室に作品を並べ、360年以上の歴史を持つ九谷焼の魅力を紹介しています。

ちなみにお車でいらした方は、石川県九谷焼美術館のとなりにある加賀市立中央図書館駐車場を利用することをおすすめします。

煎茶道具もあり!九谷焼のレジェンド「須田菁華」

ーーーー基本情報ーーーー

名称:九谷焼窯元 須田菁華(くたにやきかまもと すだせいか)

住所:〒922-0253 石川県加賀市山代温泉東山町

開館時間:9時~17時(不定休)

問合せ先:0761-76-0008

アクセス:JR北陸本線「加賀温泉駅」から加賀温泉バス(山中温泉行き・所要約15分)「山代温泉」下車すぐ

九谷焼窯元「須田菁華」(すだせいか)

九谷焼須田菁華は、日本を代表する芸術家・北大路魯山人(きたおうじろさんじん)が、初代から作陶を学んだ窯元です。現在は4代目を作陶されており、今も登り窯で器を焼くなど、初代の頃からの手法を守る、伝統的な工房です。

作品としては、染付(そめつけ)、祥瑞(しょんずい)、呉須赤絵(ごすあかえ)、古赤絵(こあかえ)、古九谷(こくたに)などの倣古作品を得意としており、茶碗や皿、お碗など生活でもつかえる作品が販売されています。

やはり歴史と伝統があり、1つ1つの作品は高いですが、急須やお皿のフォルムや手触り、絵付けのデザインや色絵の具合を見ると、段違いに美しいことがわかります。

お気に入りの品を見つけて迷っているようでしたら、ぜひ購入されることをおすすめします。

自宅用に購入した石川県九谷焼(くたにやき)の盃(さかずき)と御猪口(おちょこ)

今回も、毎晩の楽しみである晩酌ように、九谷焼の盃を購入しました。

青九谷で、日本酒を注ぐ凹面だけでなく、裏面にも青海波(せいがいは:日本の伝統的な波の文様のこと)がデザインされています。

煎茶道具でもよく見られる石川県の焼き物「九谷焼」(くたにやき)の盃

こちらはお土産屋さんに売っていた、大量生産タイプの九谷焼おちょこ?そば猪口?です。

黄色い九谷焼風の表面に、 如意宝珠(願いのかなう宝のたま)、宝やく(かぎ)、打ち出の小槌、金嚢(きんのう、金銭を入れる袋)、隠れ蓑(かくれみの)、など宝物を集めた”宝尽くし紋”です。安価で購入できますので、石川県土産におすすめです。

煎茶道でもよく使われる九谷焼の御猪口(おちょこ)

番外編!山代温泉にきたら外せない!「山代温泉 古総湯」

石川県加賀市にある山代温泉「古総湯」

こちらは番外編ですが、ぜひこの地にきたら寄ってほしいのが、温泉型博物館である「山代温泉古総湯」です。

石川県の歴史的町並みが見れる「湯の曲輪」(ゆのがわ)の真ん中にあります。

明治時代の総湯を復元した立派な建物で、むかしの山代温泉にタイムスリップしたような趣があります。

ーーーー基本情報ーーーー

名称:山代温泉 古総湯

住所:〒922-0242 石川県加賀市山代温泉万松園通2番地1

問合せ先:+81761760144

開館時間:6時~22時

アクセス:JR北陸本線「加賀温泉駅」から加賀温泉バス(山中温泉行き・所要約15分)「山代温泉」下車すぐ

江戸時代の温泉場は、共同浴場を中心として、まちがつくられていました。

共同浴場の周りに温泉宿が立ち並び、湯治客は共同浴場に通ったり、ときには自然の中を散策しながら長逗留していました。

ここ山代温泉は3つの泉質をもった温泉が湧き出る北陸を代表する温泉街、日本の歴史を味わう意味でもぜひ立ち寄ってほしいところですね。

石畳のロータリーに、柳の木や木造建築の宿がまわりに建っており、雰囲気が抜群です。夜は浴衣姿で下駄をカランコロンといわせて歩きたい場所ですね。

以上になります。

九谷焼は色合いもさることながら、意匠やデザイン、絵付けなど、華やかで美しい焼き物です。

わたしが開催する煎茶道のお茶会やお稽古では、こういった現地で学んだことを一緒に伝えて語り合える会にしていきたいですね。