愛知県の”常滑焼”について|美しき煎茶道具をもとめて

こんにちは。

煎茶道好きがたたり、民芸品や工芸品をつかう煎茶道具好きになってしまった翼仙(よくせん)です。

今回はわたしが好きな、愛知県の工芸品である常滑焼(とこなめやき)についての記事です。

愛知県常滑焼の招き猫
愛知県常滑焼の招き猫

美しき煎茶道具をもとめてとは

日本茶の趣味として、煎茶道という伝統芸道があります。抹茶の茶道は有名ですが、煎茶道とは急須からお茶をいれる茶道の流派です。茶道と同じようにたくさんの煎茶道具をもちいて、お客様に美味しいお茶をいれるため、”見て”楽しんでいただくためにも道具の美しさは重要です。

このシリーズでは、お客様にお茶をより美味しく、より楽しく飲んでいただくために、各地の伝統工芸の産地に勉強に行ったこともふくめて、まとめた記事です。

地方文化を盛り上げたい。

私ごとですが、地方文化や伝統工芸をもっと盛り上げたいと思っています。

いま日本の社会問題としてあげられる伝統産業の担い手不足や、地方からの若者流出、人口減少、限界集落問題などがあります。

たくさんの要素がかさなって、こういった社会問題が発生していますが、わたしは地方文化や伝統産業の魅力をもっと広報PRすることで、サポートしていきたいと考えています。

地域の人がみんなで守ってきた文化や風習、慣習。そこには優しい魅力があり、その魅力を発信して理解してもらうことが地域への愛着につながり、問題解決の小さな糸口になると考えおります。

みんな地方文化を盛り上げましょう!

常滑焼をご紹介

愛知県の常滑焼は、古くから続く焼き物の産地で、いつの間にか、わたしの実家にもオレンジ色の急須があったりと、子供のころから想い入れがある陶磁器です。しかし大人になってから常滑焼だと気づきました。

そもそも最初は常滑焼(とこなめやき)という文字も読めませんでした。

「常」は「床」、「滑」は「滑らか」という意味で、つまり床(地盤や地層)が柔らかい場所ということだそうです。

愛知県常滑エリアは、地層が粘土質で、焼き物の生産に適しているエリアということです。

今回はそんな常滑焼の里に行ってきましたので、ご紹介させていただきます

常滑焼とは

常滑焼(とこなめやき)とは、愛知県常滑市(とこなめし)を中心に、知多半島(ちたはんとう)エリアで古来より生産されてきた炻器(せっき:磁器と陶器との中間の性質を持った、石のように硬く焼きしめた器のこと)です。

福井県の越前焼(えちぜんやき)、愛知県の瀬戸焼、兵庫県の丹波焼(たんばやき)、岡山県の備前焼、滋賀県の信楽焼(しがらきやき)など日本を代表する窯元が数えられる日本六古窯(にほんろっこよう)の1つで、日本の古い窯のなかでも、中世から現代まで継続して焼き物を生産している、歴史深い焼き物です。

平安時代には、山茶碗や水や穀物をいれる甕(かめ)を生産し、鎌倉時代になると大型の壷を、そして江戸時代後期には大陸からはいってきた技術である連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)が採用され、土管(どかん)、甕、朱泥茶器(しゅでいちゃき)がつくられるようになりました。

常滑焼の土管

常滑焼の特徴

常滑焼の特徴は、まず赤味を帯びた土の色になります。かつて数百万年前に、この常滑周辺に存在していた東海湖の土が常滑に良質な粘土を供給しています。東海湖に堆積した地層は鉄分が多く、赤味が強い焼き色になります。

また釉薬(ゆうやく)をつかわない”焼き締め”も特徴の1つとして挙げられます。釉薬とは、陶磁器や琺瑯の表面をおおっているガラス質の部分のことで、その見た目や使用方法から”上薬(うわぐすり)”とも呼ばれます。陶磁器の土を焼き上げた後に、水漏れしないように、かけて更に焼き上げます。

しかし常滑の土は粘度が高く、釉薬をつかわずに器として使うことができたため、少ない工程で大量生産ができたようです。

そして”朱泥(しゅでい)”も、常滑焼の大きな特徴の1つです。朱泥とは、鉄分の多い粘土を焼き上げる、釉薬をかけない赤褐色の焼き物です。中国の江蘇省(こうそしょう)にある宜興窯(ぎこうよう)の朱泥急須や茶壷が発端で、いまや世界中のお茶好きにコレクターがいるほど、貴重なものです。

日本ではここ常滑焼や、三重県の萬古焼(ばんこやき)などで生産されていたそうですが、朱泥の土を採取できる地層がそもそも少ないため、日本六古窯の中では異彩をはなつ存在です。

煎茶道具によく使われる常滑焼の特徴とは

先に挙げた特徴ももちろんですが、技術力も高く、3000リットルもはいる水甕(みずがめ)をつくられたり、全長数キロに及ぶ上下水道の土管を生産したりと、その丈夫さと使い勝手の良さは、古来より評判だったようで、愛知県の港から全国に輸出されていたようです。

そんな常滑焼の産地である愛知県常滑市に行ってきたましたので、いくつか常滑焼スポットをご紹介したいと思います。

常滑焼を楽しむならここ!「やきもの散歩道」

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒479-0836 愛知県常滑市栄町

営業時間:各施設や店舗により異なる。

アクセス:名古屋鉄道「常滑駅」から徒歩7分ほど

常滑焼について知見を深めるため、愛知県常滑市にやってきました。

名古屋鉄道「常滑駅」からほど近く、常滑焼をモチーフにした”やきもの散歩道”があります。

こちらでは、常滑焼の窯元めぐりができることはもちろん、展示販売する施設があったり、昔つかっていた登り窯の後があったり、常滑焼を制作する道具が展示されている資料館があったり、ここだけ常滑焼の奥深い世界が垣間見れるエリアになっています。

ちなみに”やきもの散歩道”の目印はこちらの巨大招き猫”とこにゃん”です。

見た目はかわいい招き猫ですが、白は「福を招く」、黒は「病を防ぐ」、金は「金運を招く」、商売繁盛の縁起物で、右手の猫手で私のような観光客も招き寄せられるように撮影してしました。

 じつは愛知県常滑市は“招き猫”の街として知られて、常滑焼での招き猫生産量は日本一なんです。

愛知県常滑焼の招き猫
愛知県常滑焼の招き猫

360°常滑焼に囲まれる日本唯一の空間!やきもの散歩道「土管坂」

やきもの散歩道を代表する風景である”土管坂”は、赤茶色の陶磁器に囲まれた、写真映えスポットです。

明治期の土管と昭和初期の、焼酎瓶(しょうちゅうびん)が左右の壁面をびっしりおおい、坂道には「ケサワ」という土管の焼成時に使用した焼台の廃材を敷き詰め、滑らず歩きやすいように工夫されています。

愛知県常滑市にある”土管坂”

”けさわ”をアップで見てみましょう。

赤茶色の”けさわ”が、弓状に弧を描くような形で敷き詰まられています。

焼き締めてつくった土器なので吸水性が高く、滑りにくいです。

愛知県常滑焼のやきもの散歩道

常滑市は焼き物の町

常滑焼やきもの散歩道の煙突

やきもの散歩道を進んでいくと、レンガ造りのお家や煙突など、常滑市ならではの景色がみれます。

明治時代から昭和時代にかけて最盛期を誇った常滑焼、町のいたるところに窯元ができて、市内で焼き物の生産が盛んだったころの名残だそうです。「美しい日本の歴史的風土準100選」平成19年3月選定されて、古き良き常滑の風景が残されています。

常滑焼の登り窯を見る!

さらに進むと、同じく耐火煉瓦(たいかれんが)造りの、登り窯がありました。

登り窯とは、陶磁器等を大量に焼成するために、かまぼこ状の炉を何個も並べたものを各間に仕切り、坂の斜面地形を利用し、熱が上に登ろうとする重力による燃焼ガスの対流を利用する施設です。

1887年(明治20年)頃に築かれた窯で、1974年(昭和49年)まで使用されいて、日本で現存する登窯としては最大級だそうです。

常滑焼の登り窯

この登り窯の前に移動すると、焚き口が見えます。

焚き口とは、登り窯室内の焼き物を焼成するための薪や割木などの燃料をくべる場所です。

登り窯の焚き口は1個しかないものだと思っていたんですが、なんと焚口が見えるだけも6個もあり、大量に焼き物をつくっていたことがわかります。

常滑焼の登り窯
常滑焼の登り窯

圧巻の景色でした。

この常滑は中部セントレア空港があるエリアで、つまり海沿いです。

生産してすぐ船で輸出できる地理的条件が良かったのでしょうか。

すこし登り窯の中に入ってみましょう。

展示用に片づけられた窯ですが、1000度以上の超高温にさらされる窯内は、空気の逃げ場がないぐらいみっちり耐火レンガで覆われています。

愛知県常滑焼の登り窯内部

窯の中には資料展示で、さきほどの”土管坂”の壁面につかわれていた焼酎瓶が展示されていました。

常滑の土は粘度が高く、甕や瓶など大きな焼き物をつくるのに適しています。

この焼酎瓶も、ここ常滑で生産されて全国に渡っていったのしょうか。

常滑焼の焼酎瓶

登り窯を前に、常滑市名物グルメの”常滑牛乳”を頂戴しました。

かつての町中火を焚き、毎日のように陶磁器を輸出し、町中に活気にあふれていたころの様子をなんとなく想像しました。

こういった想像しやすい歴史的な遺産を見ると、物思いにふけってしまいます。これも旅の醍醐味でしょうか。

常滑焼の登り窯を前に”常滑牛乳”

さらに奥に進むと、窯元や常滑焼作家さんが固まっているエリアがあります。

昔ながらの木造瓦屋根の日本家屋が並ぶこの通りは、レトロ感というか、小京都のような雰囲気です。

愛知県常滑市にある”やきもの散歩道”

気になる常滑焼ショッピングスポットはここ!「常滑市陶磁器会館」

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒479-0836 愛知県常滑市栄町3−8

問合せ先:0569-35-2033

開館時間:9:00〜17:00

アクセス:名古屋鉄道「常滑駅」から徒歩約10分

常滑市陶磁器会館(とこなめしとうじきかいかん)は、常滑焼エリアの窯元作品を展示販売している施設です。

陶磁器会館の販売商品は、千年の歴史を継承している常滑焼の伝統技法で作られている急須を始め食器類、招き猫等々の商品が置かれています。

常滑焼の窯元は、このエリアに点在しているので、歩き疲れた方は、こちらで購入するのが一番効率がよさそうです。

さすが日本六古窯の1つ、常滑焼です。ここまででかなりボリュームになりました。常滑焼をもって詳しく知りたい方へおススメのスポットをご紹介します。

INAXライブミュージアム

愛知県常滑市にあるLixil

総合住宅設備・建材メーカーのLIXILが運営する、土とやきものの魅力に触れる体験・体感型ミュージアムです。

INAXは、愛知県常滑市発祥で、 日本の企業グループ・LIXILグループの株式会社LIXILが展開する衛生陶器・住宅設備機器・建材のブランド名です。

こちらの施設では、世界の装飾タイルを展示する「世界のタイル博物館」、土管やタイルを焼いた大正時代の窯と煙突を保存・公開するとともに美しく装飾された明治~昭和初期の古便器を展示する「窯のある広場・資料館」、日本を代表するテラコッタコレクションを間近に見られる「建築陶器のはじまり館」など、6つの館で構成されています。

▽「窯のある広場・資料館」の様子

▽「陶楽工房」の様子

絵付けや粘土ロクロ体験、現在の陶磁器最先端企業の取り組みが見れたりと、焼き物好きにはたまらないスポットですね。

また施設全体が綺麗なので、観光スポットとしてもおススメです。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒479-0823 愛知県常滑市奥栄町1丁目130

開館時間:10時~17時(16時30分最終入場)※毎週水曜定休

問合せ先:056-934-8282

アクセス:名鉄線「常滑駅」より自動車で約6分、名鉄線「常滑駅」または中部国際空港より知多バス「知多半田駅」行き「INAXライブミュージアム前」下車徒歩2分

とこなめ陶の森|資料館

ーーーー基本情報ーーーー
住所:〒479-0821愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地

問合せ先:TEL:0569-34-5290 FAX:0569-34-6979 mail:tounomori@city.tokoname.lg.jp

開館時間: 9:00〜17:00

休館日: 月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入場料: 無料

アクセス:名鉄常滑駅から知多半田駅行きバス「奥栄町」下車、徒歩約7分

「とこなめ陶の森」は、愛知県の工芸品である”常滑焼”に関する資料館・陶芸研究所(とうげいけんきゅうじょ)・研修工房の3施設の総称です。

常設展示室では、国指定重要有形民俗文化財である「常滑の陶器の生産用具及び製品」1,655点の内から約300点を選んで、生産用具(製土、成形、乾燥、施釉、窯入れ、焼成、窯出し、運搬の各工程)と製品をわかりやすく展示しております。

とこなめ陶の森|陶芸研究所

陶芸研究所は、平安時代末期から現代までの常滑焼などを展示しています。

常滑陶芸の興隆を願った常滑市初代市長で伊奈製陶(現LIXIL)の故伊奈長三郎氏が常滑陶芸の興隆を念願して寄付をおこない開設されました。

若手陶芸家の育成なども行われており、定期的に現代の常滑焼を見ることができます。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒479-0822愛知県常滑市奥条7丁目22番地
問合せ先:TEL0569-35-3970 FAX:0569-35-3970

開館時間: 9:00〜17:00

休館日: 月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入場料: 無料

アクセス:名鉄常滑駅からタクシーで約5分、徒歩約30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です