大阪府堺市で茶道・煎茶道ゆかりのスポット

侘茶の祖・千利休が生まれ育った大阪府堺市にある茶道・煎茶道ゆかりのスポットをご紹介します。

こんにちは。

今回は大阪第2の都市である堺市(さかいし)にある茶道・茶の湯がたのしめるスポットをご紹介します。

大阪堺市で茶道・茶の湯を楽しめるスポットとは

じつは大阪の堺といえば茶道の町なんです。

みなさんご存じでしたでしょうか。

古くから茶道の盛んな町で、和菓子文化や茶道具といった工芸品の技術も高く、名実ともに茶の湯の町といった感じです。

今回はそんな堺が、なぜ茶の湯が盛んになったのか、茶道を楽しむならここ!といったスポットを紹介する記事になります。

大阪堺と茶道の関係

大阪府堺市は、大阪市の南隣に位置する政令指定都市です。

古代より大阪は港町として有名で、この堺は、瀬戸内海をとおって渡ってくる渡来船との貿易で栄えた町でした。

茶道の祖といわれる千利休は、ここ堺市の商家「魚屋」(ととや)でうまれ、比較的裕福に育ちました。

17歳ごろから茶道をはじめ、堺市の南宗寺(なんしゅうじ)に参禅していた武野紹鴎(たけのじょうおう)や村田珠光(むらたじゅこう)から教わり、以降堺市を拠点に、商人として、茶人として活躍しました。

いまでも堺の町には、和菓子屋さんや、お茶屋さんも多く、千利休以降、茶の湯文化が深く根付いています。

茶道ミュージアム「さかい利晶の杜」

茶道ゆかりの大阪府堺市にある「さかい利晶の杜」

通称”茶道ミュージアム”こと「さかい利晶の杜」(りしょうのもり)は、侘茶の祖である千利休(せんのりきゅう)を流祖とする茶道千家流(ちゃどうせんけりゅう)の博物館と、堺を代表する歌人・与謝野晶子(よさのあきこ)をあわせた記念館です。

茶の湯の祖である千家茶道由来の地である千利休屋敷跡(せんのりきゅうやしきあと)に面した場所に、堺市の観光の中心となる施設として”さかい利晶の杜”ができました。とても大きい建物で、茶の湯体験、千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、観光案内展示室、民間施設スターバックスコーヒーもはいっています。

アトラクションのように”茶道体験”が楽しめる

こちらの施設のトピックスは、なんといっても、茶道体験です。

本格的な和室の茶室では、表千家・裏千家・武者小路千家(むしゃのこうじせんけ)の特徴がでた茶室で、お茶をいただけます。

立礼茶席(りゅうれいちゃせき)では、予約不要で、表千家・裏千家・武者小路千家(むしゃのこうじせんけ)のお点前により、椅子席でお抹茶と堺の和菓子(生菓子)を味わえます。

おそらく茶道の3つの流派を、同じ施設内で、同時に見れるのは、日本でこの施設だけではないでしょうか。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1番1号

営業時間:10:00~17:00

駐車場:あり(24時間稼働)

問合せ先:TEL072-260-4386

アクセス:【阪堺線 宿院駅】より徒歩1分、【南海高野線 堺東駅】よりバスで約6分、【南海本線 堺駅】より徒歩で約10分/バスで約3~5分

堺市立茶室 伸庵

大仙公園内の堺市博物館横に、国の登録有形文化財である堺市茶室「伸庵」と「黄梅庵」の二つ茶室があり、それらをつなぐように茶庭が整備されています。庭園の見学は無料で、庭園には国指定重要文化財の旧浄土寺九重塔があります。

ーーーー基本情報ーーーー

〒590-0802 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁

問合せ先:072-247-1447

営業時間 9:30~16:30(ただし立礼席/椅子席のご利用は10:00~16:00)

アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」下車、南海バス「堺市博物館前」バス停下車すぐ

茶道や煎茶道の茶会にもよく出る大阪堺の名物「けし餅」

南蛮貿易により栄えた堺に、外国から入ってきた芥子の実(けしのみ)をふんだんに使って作られたのが「けし餅」です。

けしの実を、小豆のこしあんを餅皮で包んだものにまぶして作られており、プチプチした食感と芥子の実独特の香りを楽しみながら、美味しくあん餅をいただく、そんな和菓子です。

もとは芥子の実は漢方として日本に輸入されており、それを千利休が気に入り、一気に広がったそうです。

江戸時代初期からは、大阪、堺、和歌山周辺で盛んに栽培されるようになりました

和菓子好きの方はご存知かと思いますが、けっこう他の和菓子屋さんでも見かけます。

大阪堺名物けし餅小島屋

延宝年間の創業で300年以上の歴史をもつ老舗、研鑽を積み重ねてけし餅一筋に家伝の製法を守り続ける「堺名産けし餅本舗 小島屋」。

堺市の中央通り「フェニックス通り」を走る路面電車「宿院駅」からすぐのところに本店があります。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:大阪府堺市堺区宿院町東1-1-23

営業時間:AM8:30~PM6:00

問い合わせ:072-232-0313

アクセス:南海本線「堺駅」から徒歩7分、阪堺電鉄「宿院駅」から徒歩1分

和菓子のまち・大阪府堺の「くるみ餅」専門店”かん袋”

常に行列が絶えない大阪・堺の『かん袋』、茶道の祖である千利休ゆかりの南宗寺から徒歩5~6分、創業鎌倉末期と言われる老舗です。

このかん袋さんでは、もちもちの白玉団子に、緑色のとろりとした餡(あん)がかけられた”くるみ餅”が名物です。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒590-0964 大阪府堺市堺区新在家町東1丁2−1

問い合わせ:0722331218

営業時間:10時~17時

定休日:毎週火曜、水曜

アクセス:阪堺電車「寺地町駅」から徒歩2分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です