みち乃くせんべい|宮城県仙台市の老舗和菓子店「賣茶翁(ばいさおう)」の代表銘菓

宮城県仙台市青葉区にある和菓子店「賣茶翁(ばいさおう)」の大人気商品「みち乃くせんべい」についてまとめました。

和菓子やスイーツ好きは必見!仙台を代表する和菓子店「賣茶翁(ばいさおう)」の人気スイーツ「みちのくせんべい」についてまとめましたので、甘いもの好き、グルメ方はぜひ最後までご覧ください。

宮城県仙台市で有名な和菓子店「賣茶翁(ばいさおう)」とは

宮城県仙台市を代表する和菓子店「売茶翁」

宮城県仙台市青葉区にある老舗和菓子屋「売茶翁(ばいさおう)」。

全国的にも有名な仙台市の夜のイベントである“仙台光のページェント”が行われる定禅寺通り(じょうぜんじどおり)からほど近く、

仙台市民会館の前にある、都会の中にぽっつりとたたずむ古民家があります。

こちらが仙台を代表する和菓子屋である売茶翁(ばいさおう)さんです。

 黒い木塀に囲まれており、看板も小さいので敷居が高いように見えるのが、”隠れ家的和菓子屋”(かくれがてきわがしや)と呼ばれる所以(ゆえん)でしょうか。

かつては電話番号を公開しておらず、予約もできないということで、仙台市の“通”な人や、知る人ぞ知るといった和菓子屋さんでした。

 しかし昨今は食べログや観光情報雑誌、WEBメディアにも掲載されており、また店内には畳張りの喫茶室もありますのでお気軽にお使いいただけるお店へと変わってきているそうです。

⇒仙台市の人気和菓子店「売茶翁(ばいさおう)」の記事はこちらです。

御和菓子司「賣茶翁(ばいさおう)」の名前の由来とは

煎茶道(せんちゃどう)中興の祖としても有名な、江戸時代の禅僧「高遊外売茶翁(こうゆうがいばいさおう)」が由来だといわれています。

高遊外売茶翁とは、江戸時代中期に活躍した禅僧(ぜんそう)で、日本茶の神、煎茶道中興の祖とも呼ばれ、とても茶道や煎茶道とゆかりがある人です。

佐賀にうまれ、早くから禅寺で修行をし、禅宗の茶礼を学び、その後全国を旅しました。その際に今も仙台市にある黄檗禅宗(おうばくぜんしゅう)の万寿寺(まんじゅじ)でも修行されており、仙台ととてもゆかりが深い方です。

売茶翁は晩年、京都において、通仙亭(つうせんてい)という、訪れる人にお茶を提供しながら禅を解くという茶店を作りました。貴重なお茶をふんだんに使用し、禅や文化の話を説く売茶翁の姿は、まるで仙人のようで、今でも全国各地で語り継がれています。

和菓子司「売茶翁」の初代店主は、その売茶翁の生き方に憧れ、店名にしたようです。

同じくお寺で禅の修行を行い、道行く人やお客様にお茶をお出ししては教えを説いていたとか。

仙台売茶翁の代表銘菓「みち乃くせんべい」とは

仙台銘菓「みちのくせんべい」
売茶翁が誇る仙台銘菓「みちのくせんべい」

みちのくせんべいとは、簡単に説明すると、麩焼きせんべいです。

名前からすると麩(ふ)でできているように思うかもしれませんが、実はお米からできています。

パリッ、サクッと軽い口当たりで、ほどよい甘さが素朴で優しいお菓子です。古くから茶席などでも用いられてきており、あの侘茶の祖「千利休)せんのりきゅう)」も好んで食べたといわています。

売茶翁「みち乃くせんべい」のこだわりとは

みち乃くせんべいのこだわりは、絶妙な甘さ加減でしょうか。

聞くところによると沖縄県波照間島(はてるまじま)の黒砂糖と、徳島県の和三盆糖(わさんぼうんとう)をミックスし、表面にたっぷりコーティングしているそうです。

この割合が絶妙で、そのお甘さと、麩焼きの香ばしさが何とも言えない美味しさになっています。

「みち乃くせんべい」のお値段・価格は

そんな気にある賣茶翁「みち乃くせんべい」のお値段・価格を掲載します。

5枚入りで、280円です。

15枚入りで、970円です。

30枚入りで、1,850円です。

45枚入りで、2,700円です。

60枚入りで、3,600円です。

75枚入りで、4,500円です。

買えば買うほどお得になっていきますね。

仙台市の売茶翁「みちのくせんべい」のお値段

仙台市の賣茶翁「みち乃くせんべい」の賞味期限・お日保ち・お日持ちは

みち乃くせんべいの賞味期限・お日保ち・お日持ちは約3週間ほどになっています。

1つ1つが小さく可愛く作られているので、あっという間にに食べてしまいますね。

「みち乃くせんべい」を食べてみた感想・評判

実際に宮城県出身の私が食べてみた感想なんですが、「絶品!」の一言につきました。

”せんべい”というからには塩辛いものかと思われがちなんですが、実際には、ほんのり甘い、和菓子の部類。

せんべいというほど固くなく、表面はパリッと、口の中にいれると「ジワー」と口の中に甘みが広がっていって、雪溶けのようにすぐなくなってしまう感覚です。

例えるなら少し固い、甘いスフレケーキのような和菓子でした。

仙台市の中でも評価は高く、ちょっとしたお持たせや、大切な方への贈り物としてよく使われるようです。

「みち乃くせんべい」は、どんな人が買うの

仙台市では子供から大人まで、お茶請けの和菓子として使われるファンが多いようです。

最近はWEBメディアの発達により、若者の間でかなりヒットしているようで、他県からも購入しに来る人も増えてきているようです。

仙台のお土産といえば菓匠三全(かしょうさんぜん)の”萩の月”ですが、コアな仙台ファンの方は、このみちのくせんべいをお買い求めする人も年々増えてきています。

仙台市の賣茶翁(ばいさおう)ってどんなお店

お店の歴史は古く、創業は1947年(昭和22年)と言われていますが、それは現在地にお店が移転した年で、お店自体は明治時代から存在していたといわれています。

元々は「甘泉堂」という屋号で、旧東北電力ビルの裏手にありましたが、仙台空襲により現在の場所に移転しました。

仙台市の老舗和菓子店「賣茶翁」の詳細記事はこちらです。

仙台の和菓子店「賣茶翁」への行き方やアクセス

宮城県仙台市「売茶翁(ばいさおう)」のアクセスや住所、問い合わせ先はこちらです。

御和菓子司「賣茶翁(ばいさおう)」の基本情報

住所:〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町3−13

問い合わせ:022-214-2262

定休日:毎週水曜日

営業時間:9:30~18:00(店内飲食は10:00~16:30)

アクセス:仙台市営地下鉄「勾当台公園(こうとうだいこうえん)」駅から徒歩11分、仙台市営バス「市民会館前」バス停徒歩すぐ

みち乃くせんべい|宮城県仙台市の老舗和菓子店「賣茶翁(ばいさおう)」の代表銘菓” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。