岩手で焼き物・陶磁器を買うならここ!器好きにおすすめしたいショップ3選。

岩手県の器好きにおススメしたい陶磁器・焼き物を販売するショップやギャラリーをまとめました。

今回は岩手県で焼き物好きにおすすめしたい器・陶磁器ショップやギャラリーをご紹介します。

こちらの記事は以下のような方におすすめです。

・器や陶磁器が好き

・丁寧な暮らしを目指されている方

・茶道や華道など器を使う趣味の方

約1分ほどで読める記事になっています。

また焼き物好きな方はぜひこちらの記事もご覧ください。

全国やきもの産地・窯元一覧記事はこちらです。

約200年の歴史をもつ、岩手を代表する小久慈焼陶芸(こくじやきとうげいえん)

岩手県で約200年の歴史をもつ小久慈焼(こくじやき)は、地元の粘土を用いた釉薬(ゆうやく)が持つ渋みと素朴さが魅力です。今でも昔の技法を引き継いでロクロを使いひとつひとつ手作りで仕上げています。また、陶芸教室も開かれており、自分だけのオリジナルカップなどを作ることができます。

小久慈焼陶芸苑の詳細情報はこちらです。

住所:〒028-0071 久慈市小久慈町31-29-1

営業時間:9:00~18:00

陶芸教室受付:10時~15時

定休日:1月1日

問い合わせ:0194-52-3880

アクセス:盛岡駅 → 【バス175分】 山根行小久慈焼前バス停 → 【徒歩5分】 小久慈焼陶芸苑

花巻温泉(はなまきおんせん)に伝わる伝統の焼き物「台焼(だいやき)」

台焼(だいやき)は明治の中頃、宮沢賢治(みやざわけんじ)誕生の地として有名な花巻温泉(はなまきおんせん)の台(だい)地区に誕生した陶器で、陶土(とうど)を温泉地(おんせんち)の万寿山(まんじゅじざん)に求め、寒国の風土にも耐えるほど丈夫で、風流でおもむきのある製品をつくり出すことに苦心して完成しました。現在は白磁(はくじ)から民芸品的意匠(みんげいひんてきいしょう)に移行しているが、その作品は多種多様にわたり郷土の名品として高く評価されている。

台焼の詳細情報はこちらです。

住所:〒025-0304 岩手県花巻市湯本2-9-2

問い合わせ:0198-27-2622

営業時間:※訪問時はお店に直接お問い合わせください。

アクセス:花巻ICから車で約10分

伝説の窯が復興した!南部藩御用達の名門「鍛冶丁焼(かじちょうやき)」

岩手県花巻市の地に、約200年前に開窯し、南部藩御用窯(なんぶはんごようがま)としての歴史をもちます。

文政年間(1818〜1829)に後に南部藩の焼物師となった古舘伊織が市内鍛冶町に窯を築いたのが始まりと言われています。

一時途絶えたものの、栃木県の益子(ましこ:益子焼で有名)で修業した先代が戦後に復興。素朴で雅趣を感じさせる焼き物です。

鍛冶丁焼の詳細情報はこちらです。

住所:〒025-0244 岩手県花巻市湯口字蟹沢25-1

営業時間:※訪問時には問い合わせ先にご連絡ください。

問い合わせ先:TEL(携帯)090-7328-4865

岩手県の焼き物・陶磁器に興味を持たれた方におすすめしたい趣味「煎茶道」

焼き物・陶磁器まとめ、いかがでしょうか。

日本には、各地の風土や気候によって特徴が異なる焼き物があって、とても興味深いですよね。

ここで焼き物に興味を持たれた方に、さらに陶磁器に興味がわく伝統芸道「煎茶道(せんちゃどう)」というものを

おすすめします。より日本文化にご興味を持たれましたら、ぜひこちらのWEBページもご覧くださいませ!

煎茶道大阪教室のページはこちらです。