山形で焼き物・陶磁器を買うならここ!おすすめの器ショップ3選。

山形県でおすすめの焼き物・陶磁器を販売するお店や器ギャラリーをまとめました。

こんにちは。

器好きの茶道家よくせんです。

今回は東北は山形県でおすすめしたい陶磁器・器のショップをご紹介させていただきます。

山形で200年続く伝統の焼き物・平清水焼(ひらしみずやき)の七右エ門窯(しちえもんがま)

山形県山形市にある、約200年の歴史を持つ 平清水焼(ひらしみずやき) の伝統を守り続ける窯元のひとつ七右エ門窯 (しちえもんがま) 。七右エ門窯では、地元の千歳山(ちとせやま)から取れる硫化鉄分(りゅうかてつぶん)を含んだ陶石(とうせき)を原料に、魅力あふれる民芸陶器を販売しています。

また陶芸教室では、手回しろくろ体験、絵付け体験なども行われており、綺麗で美しい作品をご覧いただきながら、アクティビティも楽しめるようになっております。

かつてはトイレに使用する衛生陶器(えいせいとうき)、水がめや2斗すずなどの台所雑器(だいどころざっき)と呼ばれた大型の陶器を製造、幅広い製品を手がけていた歴史をもつ窯元です。陶器に絵付けをする専門の職人もいましたが、時代の流れでその需要はなくなりました。現在は、作家性よりも職人の優れた手技に重点をおいて、花瓶やお皿、湯のみなどの、普段使いの食器類を主に生産しています。「民芸陶器(みんげいとうき)」と看板にあるように、土味(つちあじ)を活かした素朴な風合いの陶器を特徴としています。

七右エ門窯の詳細情報はこちらです。

住所:〒990-2401 山形県山形市平清水153

問い合わせ:023-642-7777

店舗の営業時間:9:00~17:30
陶芸体験の受付時間:9:00~15:00

定休日:年中無休

山形で200年続く伝統の焼き物・平清水焼(ひらしみずやき)「青龍窯(せいりゅうがま)」

平清水焼(ひらしみずやき)は山形市の東南、全山を松の木で覆われた千歳山(ちとせやま)の南麗(なんろく)に位置する平清水で興りました。 文化年間(1804~1818年)に同村の人丹羽治左衛門(にわじざえもん)が、他の土地から陶工を招き、千歳山の土をもって窯業を行ったのが始まりとされています。最盛期は30軒を超す窯元(かまもと)が存在しましたが、現在は青龍窯(せいりゅうがま)と七右衛門窯(しちうえもんがま)の2軒のみとなっています。

丹羽治左衛門の流れを汲む青龍窯は、明治初期に丹羽𠀋助を初代に開窯しました。
時代の変化の中で、磁器・陶器を造りつづける事で、昭和20年、3代目丹羽龍之介(にわりゅうのすけ)が窯主であった時代、千歳山の原土に含まれている鉄分を活かした青瓷(せいじ:青磁)を創り出ました。それまで敬遠されていた鉄分をあえて活かすことで、まるで梨の表面の様な風合いが生まれ、「梨青瓷(なしせいじ)」と名付けました。

青龍窯の詳細情報はこちらです。

住所:〒990-2401 山形県山形市平清水50-1

営業時間:9:00-18:00

定休日:第二・第四火曜

問い合わせ:023-631-2828

駐車場:無料、5台

アクセス:JR山形駅にて下車。車で15分。

新庄東山焼(しんじょうひがしやまやき)

天保12年(てんぽう12年:1841年ごろ)に開窯した伝統ある窯元(かまもと)さんです。

日常の生活の中で使用できる陶磁器を生産しており、敷地内の豊富な陶土と、出羽の雪のかげりの色と言われる「なまこ釉(なまこゆう)」をはじめ、数々の家伝の釉薬(ゆうやく)を用いて製作をされています。
東山とは山形県新庄市東部(しんじょうしとうぶ)の丘陵地帯(きゅうりょうちたい)の通称で、集落の地質は厚い粘土層で覆われています。
東山焼の開祖・涌井弥兵衛(わくいやへえ)は、新潟県越後(にいがたけんえちご)出身の陶工で、修行で各地を遍歴するうちに東山の陶土(とうど)に惚れ込み、天保12年に新庄戸沢藩御用窯(しんじょうとざわはんごようがま)として開窯しました。


原料も現在も敷地内から採取、よく焼き締まる特性があるため、丈夫で割れにくく、使うほどに風合いが増す陶器として珍重されています。

新庄東山焼の詳細情報はこちらです。

住所:〒996-0002 山形県新庄市金沢1441

問い合わせ:0233-22-3122

営業時間:AM8:00~PM5:00

アクセス:JR新庄駅から車で約10分

山形県の焼き物・陶磁器に興味が出たらおすすめしたい趣味「煎茶道(せんちゃどう)

焼き物・陶磁器まとめ、いかがでしょうか。

日本には、各地の風土や気候によって特徴が異なる焼き物があって、とても興味深いですよね。

もっと焼き物を知りたいという方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

全国やきもの産地・窯元一覧のまとめ記事

そしてここで焼き物に興味を持たれた方に、さらに陶磁器に興味がわく伝統芸道「煎茶道(せんちゃどう)」というものを

おすすめします。

日本文化にご興味を持たれましたら、ぜひこちらのWEBページもご覧くださいませ!

煎茶道大阪教室のページはこちらです。