煎茶道(せんちゃどう)とは

煎茶道(せんちゃどう)とは

煎茶道とは茶道の中の1つの種類で、粉末の茶である抹茶を用いる抹茶道とは異なり、急須等を用いて煎茶や玉露などの茶葉を用いてお茶を淹れる流派です。

みなさんは日本の伝統文化である「煎茶道(せんちゃどう)」をご存知でしょうか。

普段みなさんがよく聞いたことがある伝統芸道が「茶道(ちゃどう)」だと思います。

煎茶道とは、茶道という大枠のカテゴリーの中の1つの流派だと考えていただければ分かりやすいです。

茶道は、よくテレビや雑誌で見るように、パウダー状の日本茶(粉末茶)を茶筅(ちゃせん)で点てます。

煎茶道は、玉露(ぎょくろ)や煎茶(せんちゃ)といった茶葉を、急須(きゅうす)をつかい、お茶をお出しします。

お客様にお出しするまでに作法やしきたりがあり、茶室などを使いますのでほとんど同じように見えるのですが、使用する茶葉が異なる点で、差別化するために「煎茶道」と呼称するようになりました。

煎茶道の茶会
煎茶道の茶会の写真です。

煎茶道と茶道の違いについて

煎茶道と茶道の違いとして、それぞれの成り立ちの「歴史」もあげられます。

茶道の歴史は古く、お茶が日本に広まったのは鎌倉時代の頃、明菴栄西(みょうあんえいさい/ようさい)という禅僧(ぜんそう)が、中国の宋(そう)から茶を日本に持ち帰ったのが始まりとされています。

室町時代には、臨済禅宗(りんざいぜんしゅう)の僧侶である村田珠光(むらた じゅこう)が禅の精神性を取り入れ、小さく簡素な茶室と落ち着いた雰囲気の「侘茶(わびちゃ)」を始めます。

さらに、村田珠光の茶風を仰ぎ、茶の湯の簡素化、草体化をさらに進め多くの門弟を得て茶の湯に貢献した武野紹鴎(たけのじょうおう)、そして現在のような日本文化としての茶道の原型へと発展させたのが、茶人として有名な「千利休(せんのりきゅう)」です。

千利休が大成させた侘び茶は広く親しまれ、江戸時代には行政官として機能するようになった武士の一般教養として全国的に普及していきました。

茶道の抹茶と和菓子

煎茶道の歴史とは

上記のように、日本では中国宋代(ちゅうごくそうだい)の喫茶法である抹茶の飲用法が、禅の精神と結びつき、村田珠光や武野紹鷗、千利休を通して「茶道」してかたちづくられたのに対し、時代が進んだ中華明代(ちゅうかみんだい)の喫茶法である葉っぱ状のお茶を使った淹茶の作法は、道教や儒教、老荘思想も取り入れ「煎茶道」を形成するに至りました。

煎茶道の祖と言われる黄檗山(おうばくさん)・隠元禅師(いんげんぜんし)

煎茶を日本につたえたといわれる、中国から渡来した黄檗僧(おうばくそう)・隠元禅師(いんげんぜんし)は、煎茶といっしょに急須ももってきており、お茶を急須で煎(に)て、茶碗に淹(い)れるという文化がうまれました。

ちなみに、隠元禅師が建立(こんりゅう)した京都府宇治市にある国宝・黄檗山萬福寺(おうばくさんまんぷくじ)の資料館である文華殿(ぶんかでん)には、いまでも隠元さんがつかっていた急須や煎茶道具をみることができます。

ー黄檗山萬福寺文華殿の基本情報はこちらー

住所:〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄三番割34

開館時間:9:30~17:00

問合せ先:0774-33-1199

休館日:火曜日

アクセス:JR黄檗駅(おうばくえき)から徒歩5分、京阪宇治線「黄檗駅」下車 徒歩5分

煎茶道の中興の祖(ちゅうこうのそ)・売茶翁(ばいさおう)

この煎茶趣味をうけついだのが、隠元さんとおなじ黄檗僧(おうばくそう)の売茶翁(ばいさおう)です。

煎茶道中興の祖(ちゅこうのそ)を言われており、茶道の千利休(せんのりきゅう)さんのような、煎茶道の基礎となっているかたです。売茶翁は京都の市中で、市民や文化人、貴族にお茶を売っては禅を説く”売茶の業”をおこない、煎茶文化が広がりました。

そして売茶翁(ばいさおう)が、”売茶の業”をおこなっている同じ時期に、京都の宇治田原(うじだわら)の永谷宗円(ながたにそうえん)が青製の煎茶製法を開発し、いわゆる緑茶(りょくちゃ:日本茶)が大量生産されるようになりました。この動きにともない、今までは抹茶のみであった茶道の世界にも、煎茶という新しい文化が加わり、煎茶を茶道に活かすという考え方が認識されはじめたと言われいます。

そのあとに広く煎茶道という概念がひろまり、大阪の木村兼葭堂(きむらけんかどう)や明治の文人富岡鉄斎(とみおかてっさい)、文人趣味の夏目漱石(なつめそうせき)など、現代まで脈々と受け継がれるようになりました。

煎茶道で使用するお茶

実際に煎茶道で使用する茶葉についてご紹介します。

まず煎茶道で使用される代表的な茶葉が「煎茶(せんちゃ)」です。「煎茶」とは日光を遮らずに栽培し、新芽を使い、何段階にも分けて茶葉を揉みながら乾燥させていく製法の緑茶です。渋味が強く、いわゆる日本茶です。

次に使われる茶葉が「玉露(ぎょくろ)」です。「玉露」は、栽培の途中から日光に当てません。産地や環境によって異なりますが、摘み取る20日前後前から、ワラやヨシズなどで茶園を覆い、日光を遮ります。すると日光を当てずに栽培する玉露は、光合成をしないため、旨味成分であるテアニンを多く含みますが、渋味成分(しぶみせいぶん)であるカテキンが増えません。そのため、玉露は旨みと深いコクのある味わいになるのです。また玉露は、独特の香りがあるのも特徴で、その香りは「覆い香(おおいか)」といわれます。

煎茶道のお茶

煎茶道の流派(りゅうは)

煎茶道の流派は、全日本煎茶道連盟(ぜんにほんせんちゃどうれんめい)に36の流派が加盟しているほか、連盟に加盟していない流派も、全国に多数存在します。それぞれが各都道府県で、お稽古や茶会を開催するなど、積極的に活動しているようで、詳しくは下記のページをご覧ください。

煎茶道の流派の詳細情報はこちらです。

流派名家元名流派名家元名流派名家元名
知足庵流嶺崎千泉黄檗松風流加藤久道愛茗流木村幽亭
日本礼道小笠原流諸泉祐園薫風流加藤景友黄檗幽茗流三浦佑晃
松莚流中村松継松風流(名古屋)仙田梅豊黄檗掬泉流弓削裕圃
光輝流佐々木竹山玉泉流加藤玉峯松風花月流高野楓石
小笠原流小笠原秀道売茶流高取友仙窟羽楽流久保宗劉
二條流二條雅荘松月流渡辺宗敬三彩流星 千丈
方円流水口豊園静風流海野俊堂織田流奥村南裕
黄檗売茶流中澤孝典黄檗弘風流高鳥真堂狭山流長谷山芳喜
文房流徳山圭峰東阿部流土居雪松美風流中谷美風
松風流(富山)宝島三宝松香庵流嶋田静坡三癸亭賣茶流島村仙友
煎茶道の流派

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

煎茶道(せんちゃどう)とは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です