煎茶(せんちゃ)とは

煎茶(せんちゃ)についてまとめた記事です。

煎茶道大阪上本町教室の翼仙(よくせん)です。

今回は煎茶道でつかわれる茶葉「煎茶」についての記事です。

煎茶の画像です。

煎茶(せんちゃ)とは

煎茶(せんちゃ)とは、緑茶の一種で不発酵茶(ふはっこうちゃ)の特徴をもつ、日本でもっとも消費されている茶葉です。名前の通り、茶葉が緑色で、育成方法や加工方法の違いにより、煎茶の他に玉露(ぎょくろ)、かぶせ茶、玉緑茶、番茶などの種類があります。

日本茶とは
日本茶の画像です。

妊娠中は、カフェインが多いので要注意!

お茶の渋味でもあるカフェインは、高温で淹れたお茶に多く含まれます。

カフェインを控えている方で、ご存知ない方が多いのでご留意ください。

ちなみに、煎茶10gを430mlの90℃のお湯で1分間浸出させた場合、カフェイン量は100ml中に約20mgも含まれるといわれています。

煎茶の歴史

煎茶の歴史は古く、江戸時代までさかのぼります。

京都府宇治市にて、宇治田原町湯屋谷の茶農だった永谷宗円(ながたにそうえん)は、元文3年(1738)、15 年もの歳月をかけて青製煎茶製法(あおせいせんちゃせいほう)を完成させました。新芽の茶葉を蒸し、焙炉(ほいろ)と呼ばれる器具の上で茶葉を手揉み乾燥させる方法で、これが今の煎茶の原型と言われています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ