富山県の焼き物・陶磁器のおすすめショップ3選!

富山県の焼き物・陶磁器でおすすめのショップをご紹介します。

焼き物・陶磁器
焼き物・陶磁器

富山県の焼き物・陶磁器のショップやギャラリー情報をまとめました。

執筆者は茶道大阪教室の講師の翼仙です。

以下のような方におすすめの記事です。

  • 焼きものや陶磁器好き
  • 器好き
  • 丁寧な暮らしに興味がある

越中陶の里「陶農館」

焼き物・陶磁器のコーヒーカップ
焼き物・陶磁器のコーヒーカップ

430年以上の伝統をもつ越中瀬戸焼と農業の「陶農一体」の文化を伝えることを目的とした施設です。

越中瀬戸の粘土をつかった陶芸体験や職人さんの越中瀬戸焼の直販も行われております。

「陶農館」の基本情報はこちらです。

  • 所在地:〒930-3247 富山県中新川郡立山町瀬戸新31
  • 営業時間:10時~15時
  • 休館日:火曜、水曜、木曜
  • 問い合わせ:076-462-3929
  • アクセス:北陸新幹線富山駅から車で40分ほど

越中三助焼窯元

越中三助焼 ビアタンブラー ペアセット

富山県砺波市の焼き物である越中三助焼窯元(えっちゅうさんすけやきかまもと)は、地元で取れる土を用い、この土地が生み出した草木から釉薬を作り、作陶をしております。

富山の地で百六十年の伝統を誇る手作りのもので、土の捻り具合、火の加減、薬の掛けかたによる秘伝は高く評価され、全国各地から知名人が多く訪れるようになり、中でも代々受け継いだ、淡く深い緑色の釉薬(ゆうやく)が特徴です。お茶の湯のみや華道の花器、和菓子の小皿といった伝統的なものから日常で使えるお碗やボウルなどさまざまな種類の作品が販売されています。

また国外でも親しまれ、特にイギリスの陶芸家バーナード・リーチ氏も訪れ、素朴なしぶさ、奥深い艶色を絶賛したようです。

越中三助焼窯元」の基本情報はこちらです。

  • 所在地:〒939-1436 富山県砺波市福山326
  • 営業時間:9時~17時
  • 問い合わせ:0763-37-0126
  • アクセス:真岡砺波ICから車で約20分ほど

越中瀬戸焼庄楽窯

越中瀬戸焼(富山県) 庄楽窯 酒器

越中瀬戸焼(えっちゅうせとやき)は富山県立山町上末、瀬戸地区で焼かれる陶器です。

加賀藩主だった前田家が、16世紀の終わりに、瀬戸(せと:今の愛知県瀬戸市あたり)から陶器職人を招聘して焼き物を作らせたことが、約430年つづく越中瀬戸焼のはじまりだといわれています。
のちに藩の御用窯となり、越中一の産地となったことから、この近辺を瀬戸村と呼ぶようになり、ここで焼かれる陶器を越中瀬戸焼というようになったとのことです。

越中瀬戸焼庄楽窯の基本情報はこちらです。

  • 所在地:〒930-3245 富山県中新川郡立山町上末51
  • 問い合わせ:076-462-2846
  • アクセス:富山地方鉄道立山線「沢中山駅」からタクシーで10分ほど

おすすめ焼き物関連記事

富山県の焼き物はいかがでしたでしょうか。

富山県の焼き物は個性があって、ずっと使っていけそうなぐらい頑丈そうでいいですね。

さらに日本全国の焼き物に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。日本の焼き物の種類や産地を一覧にしてまとめてみました。ぜひ一度ご覧ください。

全国のやきものショップをまとめました。

また焼き物や陶磁器を使った趣味である煎茶道もぜひおすすめさせてください。

日本全国の焼き物をつかってお茶を淹れる茶道です。

焼き物を使った趣味「煎茶道」のページはこちらです。

それでは記事ご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA