急須とは

急須について、特徴や由来、種類についてまとめ

急須の選び方や種類
急須の選び方や種類

こちらの記事では、急須について特徴や種類、名前の由来や語源についてまとめています。

執筆者は煎茶道大阪教室の講師である翼仙です。

記事は約3分ほど読めるようになっており、以下のような方におすすめしたい記事です。

  • マイ急須をお探しの方
  • 焼き物や陶磁器、器好きの方
  • お茶好きの方

急須とは

急須とは、茶葉をいれてお湯で煎じて茶を煮出す、取っ手のついた器のことです。

日本では江戸時代より一般的にも使われるようになりました。

急須の由来

江戸時代の急須
江戸時代の急須

急須の「急」は、進み方が早い、急いでいるという意味の「急」で、急須の「須」は、「須いる(もちいる)」という意味です。要は急須は「急な用に応じて用いるもの」がその言葉の意味になります。


古く中国の福建省周辺で使われていた、酒や水を温める道具に「急焼」があります。「焼」は湧かすという意味でして、急焼と同じ酒を温める道具に、「急須」(キフス)という道具もあったようです。のちに中国でも煎茶器として用いられるようになったようです。


急須を方言で「きびしょ」と言う地域もあります。
「きびしょ」は江戸時代から見られる語で、「急須」もしくは「急焼」の唐音が転じた語である。
地方によっては、燗酒用の土瓶や醤油さしを指す語としても用いられており、江戸時代に中国からはいってきた急焼が各地でさまざまな呼ばれ方や使われ方をしていた名残かと思われます。

急須の特徴

注ぎ口や茶漉しも付く急須もあり、日本全国の窯元で作られています。

急須の種類

  • 横手(よこで) :注ぎ口に対し、横に持ち手がついたタイプの急須です。日本の急須で一番メジャーなものがこちらのタイプになります。
  • 後手(うしろで):注ぎ口の反対側に持ち手がついたタイプの急須です。一般的なティーポットの形なので、洋風のインテリアにもなじみやすいです。
  • 上手(うわで) :茶器の上部にアーチ状の持ち手がついたタイプの急須です。土瓶や鉄瓶のような形の急須で、熱が回りやすい鉄素材のものに多いです。ほうじ茶や番茶などの熱湯で淹れるお茶も安心して使用できます。

焼き物や陶磁器にもっと興味を持たれた方へ

急須とはについてはいかがでしたでしょうか。

ぜひこちらの記事を参考に、マイ急須と出会っていただけたらと願っています。

また急須をはじめ、焼き物や陶磁器について興味を持たれた方へおススメの記事があります。

日本全国の焼き物や陶磁器の窯元について一覧にしてまとめました。

全国の焼き物・陶磁器窯元一覧まとめ

ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です