瀬戸焼とは?特徴や歴史、由来を解説

うつわ魯庵 湯呑み 黄瀬戸刻紋(四ツ菱)

愛知県の焼き物「瀬戸焼」ついて解説

瀬戸焼を動画で解説

この記事では、愛知県を代表する焼き物「瀬戸焼」について、特徴や歴史、由来を解説しています。

執筆者は大阪の骨董店「笹船屋」で煎茶道講師をつとめる翼仙が編集しています。

約5分ほどで読めるライトな内容になっており、以下のような方におすすめの記事です。

  • 焼き物・器好きの方
  • 愛知県にお住まいの方
  • 瀬戸焼について興味のある方

瀬戸焼とは

瀬戸焼とは、愛知県瀬戸市および周辺の地区で生産される陶磁器です。古代から同地域で生産される日本最古級の歴史を持つ焼き物であり、国が認定する日本六古窯に指定されています。現在では、陶磁器のもの「セトモノ」と呼ぶ習慣が残るほど、日本の焼き物の代名詞でもあります。

瀬戸焼の特徴

瀬戸焼の特徴は、さまざまな絵付けや線と点でデザインされた模様です。同じ瀬戸地域で採れるさまざまな色合いの顔料を用いて、焼き物に絵付けをします。瀬戸焼に使われる粘土は、耐火性に優れ、鉄分が少ないことから、色合いが白色に近く、そのため絵付けをすることが特徴になったようです。

瀬戸焼の由来

瀬戸焼の由来は、古代の陶器の産地の名称である「陶所(すえどころ)」が訛り、瀬戸という地名になったと言われています。

瀬戸焼の歴史

瀬戸焼の歴史は長く、今から約1500年ほどの前の古墳時代から始まったと言われています。朝鮮半島から伝来した窯で焼いた須恵器の生産が猿投窯(さなげよう)ではじまり、良好な陶土に恵まれたこの土地で、平安時代には本格的な灰釉陶器生産へと移行、そして鎌倉時代には中国の明から施釉陶器の技法が伝わりました。鎌倉時代に施釉陶器を生産する日本唯一の地区となり、瀬戸焼の名は、全国にとどろいたと言われています。その後1810年頃、有田で磁器製法を学んだ加藤民吉がその技術を瀬戸に伝えたことから本格的な磁器の生産が始まり、陶磁器ともに生産する日本一の焼き物の町をなりました。

瀬戸焼の有名作家

瀬戸焼の高名な作家をご紹介します。

瀬戸黒の人間国宝・加藤 孝造

加藤 孝造氏は、1935年に岐阜県土岐郡瑞浪町で生まれた瀬戸焼の陶芸家です。加藤氏は瀬戸黒の技術で重要無形文化財保持者の一人として人間国宝に認定されました。

おすすめの関連記事

瀬戸焼の記事はいかがでしたでしょうか。

さらに愛知県の焼き物に興味をもたれた方におすすめの関連記事をご紹介します。

愛知県の焼き物・陶磁器おすすめショップの記事です。
愛知県を代表する焼き物「常滑焼」の記事です。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です