かりがね茶とは?味の特徴や由来、種類を解説

かりがね茶とは

かりがね茶とは?

かりがね茶とは、日本茶の一種で、煎茶や玉露の製造過程で派生する茎(くき)を集めてつくったお茶です。

別に雁ヶ音茶や雁金茶と書いたり、北陸地方では棒茶(ぼうちゃ)と呼んだりします。

かりがね茶は茎茶のため、味が抽出されるか心配されますが、むしろ茶葉より茎の方が味の成分が多く入っており、より芳醇な味わいが楽しめます。

かりがね茶の由来

かりがね茶の由来は、渡り鳥の雁(かり)が水辺で休む姿から付けられたと言われています。雁が数羽、水辺に浮かんでいる様子と、茎がお湯の上に浮かんでいる様子が、似ていることから名前が付けられたと伝わっています。

かりがね茶の味の特徴は?

かりがね茶の特徴は、茶の茎から抽出される、渋味や苦味が少ない軽やかなおいしさです。

独特の風味と甘みが茎茶の特徴で、お湯に旨味が広がります。茶の茎には渋み成分であるタンニンやカテキンが少量で、茶葉よりも多くの旨味や甘味が詰まっているため、このような特徴がでているようです。

またどの茶葉の茎によるかでも味が異なり、玉露の茎茶なら甘味や旨味がさらに強くなり、煎茶の茎茶になると青々しいお茶の風味が強いお茶になります。

さらに、独特の爽やかな香りが魅力的で、淡いグリーンがかった透明感のある水色が特徴となっています。

かりがね茶の種類とは?

かりがね茶の種類は多く、多少の渋みが感じられる「煎茶かりがね」やあっさりとして旨味のある「玉露かりがね」、また「加賀棒茶(かがぼうちゃ)」といった地域性を感じられる種類もあります。

お茶好きにおすすめ関連記事

かりがね茶の記事はいかがでしたでしょうか。

玉露や煎茶は有名ですが、かりがね茶も根強い人気があるようで記事にしました。

さらにお茶に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

中国茶とは?

次の記事

ほうじ茶とは?