ほうじ茶とは?

ほうじ茶とは

ほうじ茶ってご存知でしょうか。

レストランや食堂に行くと、水の代わりに出てくるほど一般的なお茶です。

本記事では、そもそもほうじ茶とは何か、特徴や歴史をまじえて解説していきます。

執筆者は茶道大阪教室講師の翼仙です。

ほうじ茶とは?

ほうじ茶とは、日本茶の一種で、煎茶玉露、またはかりがね茶を高温の火で炙り、焦げの香りづけをしたお茶のことを言います。

もともとは、安価な茶葉からつくられていたため、家庭で日常に飲むお茶として流通していましたが、香りがよく、渋みが少なく飲みやすいため、食事時や喫茶店で提供される定番の日本茶になっています。

もちろん和菓子といった甘いスイーツとの相性も良いです。

ほうじ茶の特徴とは?

ほうじ茶の特徴は、炒って焦げた見た目と香ばしい香り、またカフェインレスで飲みやすい点にあります。

ほうじ茶は茶葉をホーローで焙じる焦げを付着させて香りを出します。

また焙じることでカフェインが少なくなるので、刺激が弱く、胃にもやさしいお茶なんです。

ほうじ茶の種類とは?

ほうじ茶の種類は数十種類に及びます。

焙煎の時間で、上品で軽やかな味と香り「浅煎りほうじ茶」やしっかりとした味わい「深煎りほうじ茶」を作れますし、使用する茶葉で「煎茶ほうじ茶」や「玉露ほうじ茶」も出来上がります。

ほうじ茶の美味しい淹れ方

ほうじ茶は香りが良く、渋味が少ないため、高温のお湯で淹れることをおすすめします。

美味しいお茶を淹れるのは、茶葉の量とお湯の温度が重要です。

ほうじ茶を含め、お茶を美味しく淹れる方法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。

日本のお茶の種類一覧や産地まとめはこちらです。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA