日本のお茶の産地とは?

日本茶とは

日本全国のお茶の産地をご紹介

日本茶とは
日本のお茶の産地とは?

日本では、全国でお茶が日常的に飲まれています。ペットボトル茶をはじめ、急須から淹れるお茶の時間や、喫茶店のお茶の時間は、日本人にとって至福のひと時です。日本人がここまでお茶が好きな理由は、古来よりお茶の文化が生活に根付いているからです。

今回の記事では、日本各地で生産される日本茶・お茶の産地と、有名なお茶のブランドをご紹介します。

宮城県のお茶の産地

宮城県は、石巻市で生産される「桃生茶(ものおちゃ)」が有名です。

宮城県の桃生茶をご紹介

埼玉県のお茶の産地

埼玉県は、埼玉県西部および東京都西多摩地域を中心に生産されている「狭山茶(さやまちゃ)」が有名です。

埼玉県の狭山茶をご紹介します。

静岡県のお茶の産地

静岡県は、全国の茶園面積の約40%を占める日本一の茶どころです。

静岡県内全域で生産されており、主に牧之原(まきのはら)・磐田原(いわたはら)・愛鷹山・小笠山山麓、安倍川・大井川・天竜川流域の山間部などのお茶の産地があります。静岡県のお茶の種類としては、まろやかで甘い「掛川茶(かけがわちゃ)」、静岡市で生産される歴史が古い「本山茶(もとやまちゃ)」、味のバランスが良い「川根茶(かわねちゃ)」、静岡県の中でも特に高品質な「天竜茶(てんりゅうちゃ)」が有名です。

静岡茶について解説

石川県のお茶の産地

石川県のお茶は、くき茶を活用した加賀棒茶(かがぼうちゃ)が有名です。

京都府のお茶の産地

京都府のお茶は、宇治田原市や和束町で生産される「宇治茶(うじちゃ)」が有名です。

京都府の宇治茶について解説

大阪府のお茶の産地

大阪府ではお茶の生産はほとんどされていませんが、千利休や村田珠光(むらたじゅこう)といった茶道にかかわる偉人を輩出した茶の湯文化発祥地です。府内には千利休の足跡をたどる「さかい利晶の杜」や日本茶カフェ、お茶専門店などお茶にかかわる施設が多数あります。大阪府の日本茶にかかわるおすすめ店を下記の記事でご紹介します。

大阪府でぜひ行ってほしい日本茶販売店をご紹介
千利休生誕の地である大阪府堺市の茶道スポットをご紹介
大阪府のおすすめ日本茶スポットをご紹介

三重県のお茶の産地

三重県のお茶は、全国的にも生産高が高い「伊勢茶」が有名です。

奈良県のお茶の産地

奈良県のお茶は、日本最古とも言われる「大和茶(やまとちゃ)」が有名です。

奈良県のおすすめ日本茶カフェをご紹介

徳島県のお茶の産地

徳島県のお茶は、上勝町や那賀町で生産される「阿波晩茶(あわばんちゃ)」が有名です。

徳島県の幻のお茶「阿波晩茶」を解説

高知県のお茶の産地

高知県のお茶は、高知県大豊町で生産される「碁石茶(ごいしちゃ)」が有名です。

高知県の幻のお茶「碁石茶」をご紹介

福岡県のお茶の産地

福岡県のお茶は、八女市で収穫される八女玉露(やめぎょくろ)が有名です。

旨味と甘味が特徴の福岡県八女茶をご紹介

佐賀県のお茶の産地

佐賀県のお茶は、佐賀県嬉野市で収穫される「嬉野茶(うれしのちゃ)」が有名です。

宮崎県のお茶の産地

宮崎県のお茶は、県全体で収穫される「みやざき茶」が有名です。宮崎県は、温暖な気候と適度の降雨、そして肥沃な大地に恵まれ、お茶の栽培には最適な環境にあります。

鹿児島県のお茶の産地

鹿児島県は、日本一の緑茶の生産量を誇る県で、県内全域でお茶を生産しています。特に鹿児島県南部にある知覧地域で生産される知覧茶は、ブランド価値の高い日本茶であり、日本全国に流通しています。

お茶好きにおすすめ関連記事

日本のお茶の産地の記事はいかがでしたでしょうか。

全国で緑茶や発酵茶が作られているようで、すべて飲んでみたくなりますね。

お茶にさらに興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ほうじ茶とは?

次の記事

中国茶の種類とは?