番茶とは?特徴や種類、歴史を解説

番茶とは

日本茶の一種である番茶について、特徴や種類を解説

かつて日本ではどこの家庭にもあったといわれる番茶(ばんちゃ)。

急須でお茶を飲む習慣がなくなったい今、番茶って何?とよく聞かれるようになりました。

今回は、本記事で日本茶の一種である番茶について、概要や特徴、由来を解説します。

番茶とは?

番茶とは、日本で生産される緑茶の一種で、茶葉が硬くなって、市場に出回る等級の主流から外れてしまったお茶のことを言います。市場の求める味の濃い煎茶や玉露といった緑茶の品質の主流からは外れるため、緑茶の中では比較的安価な値段で購入することができます。

しかし番茶は長期間日光を浴びて育てることが栽培方法ですので、煎茶や玉露とは違った特徴があります。

番茶の特徴は?

番茶の特徴は、煎茶と比べて渋みや苦みが少ないまろやかな味になる点にあります。

日本各地に伝わる地域の番茶

かつては日本茶の主流であった番茶の文化は、日本各地に根付いており、地域独自の番茶が生産されました。その地域独自の番茶の一部をご紹介します。

高知県の土佐番茶

土佐番茶は、高知県で生産される番茶で、とくに日高村で収穫される薫り高い土佐番茶が有名です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中国茶の種類とは?