伊勢茶とは?味の特徴や種類、いつから栽培されていたか歴史を解説

伊勢茶とは

伊勢茶とは?

伊勢茶とは、三重県で生産・加工される煎茶です。三重県は、静岡茶鹿児島県の知覧茶全国で3番目に多くの緑茶を生産する地域で、伊勢茶は全国的にも知られる有名ブランド茶です。

伊勢茶の産地

伊勢茶の産地は、三重県内の四日市市水沢、松阪市、度会町、大台町、鈴鹿市、亀山市、菰野町といった地域で生産されています。

伊勢茶の特徴とは?

伊勢茶の特徴は、日照時間と土質の関係で普通の茶葉より葉肉が分厚く、渋くて濃厚な味わいになる点です。

伊勢茶の歴史とは?

伊勢茶の歴史は古く、浄林寺の住職である玄庵が、中国での修行から帰ってきた空海から茶ノ木をもらい植えたことから始まったと言われています。

お茶好きにおすすめ関連記事

伊勢茶の記事はいかがでしたでしょうか。

三重県でこんなにも多くの日本茶が生産されていることは、調べるまで分かりませんでした。

日本茶についてもっと興味が湧いた方におすすめ関連記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

阿波晩茶とは?特徴や歴史