嬉野茶とは?特徴や歴史を解説

嬉野茶とは

嬉野茶とは

嬉野茶とは、佐賀県嬉野市を中心に、長崎県東部エリアで生産されている緑茶です。

嬉野茶の特徴とは

嬉野茶の特徴は、茶葉に見られる形状で、独特の丸みを帯びた形にあります。茶葉そのものがクルっと丸まっており、その見た目から、地元の人たちからは、「玉緑茶(たまりょくちゃ)」や「グリ茶」、「蒸しぐり」とも呼ばれています。

嬉野茶の製茶工程

嬉野茶は、製茶の過程において、ほとんど煎茶と一緒ですが、茶葉をまっすぐ伸ばす精揉(せいじゅう)の工程がないため、このような形状になります。

嬉野茶はどんな味?

嬉野茶は、ほかの緑茶と比べて、コクのある旨味が特徴で、香りが強いと言われています。

嬉野茶の歴史

嬉野茶の歴史は、12世紀に、臨済宗の禅僧である栄西が中国から持ち帰った茶ノ木から始まったと言われています。その後、たびたび中国大陸から渡来してくる唐人から、釜炒り茶の製法が伝えられました。

お茶を本格的に栽培したのは、1191年(平安時代)に、栄西禅師が佐賀県吉野ヶ里町の山腹に宋の国(中国)から持ち帰った種を播いたのが始まり、と言われています。うれしの茶の歴史は、1440年(室町時代)に中国大陸から移住した唐人により、嬉野町上不動皿屋谷で自家用に栽培されたのが始まりで、1504年(室町時代)には明から渡来した陶工「紅令民(こう  れいみん)」が南京釜を持ち込み、釜炒り茶の製法を伝授したと言われています。

佐賀県嬉野市公式ホームページ:https://www.city.ureshino.lg.jp/kanko/ureshinocha/_19851/_19852.html

日本茶好きにおすすめ関連記事

佐賀県の嬉野茶の記事はいかがでしたでしょうか。

九州には他にも宮崎県のみやざき茶や、鹿児島県の知覧茶など、緑茶の産地がたくさんあります。

お茶にさらに興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA