抹茶とは?特徴や歴史、有名な生産地、粉末緑茶との違いを解説

抹茶とは

抹茶とは?

抹茶とは、緑茶の一種で、碾茶を石臼で挽いた粉末茶です。日本の伝統芸道の1つである茶道で用いられており、お湯で溶かした後に茶筅で撹拌して飲みます。

抹茶の歴史は?

抹茶の歴史は、800年前に、中国から禅僧である栄西が持ち帰ったことから始まりました。鎌倉時代に臨済宗の開祖である栄西が、宋から茶の実と挽き茶や碾茶の製茶方法を持ち帰りました。栄西が建立した相国寺には、いまも栄西の茶園が残っており、無料で見学も可能です。

抹茶の特徴は?

抹茶の特徴は美しい鮮やかな緑色の見た目と、茶葉の栄養素そのものを摂取することができる飲み方にあります。抹茶は、栽培の2,3週間前から被覆茶園での栽培をおこない、日光を遮断します。日光を遮ることで、茶葉内にある旨味成分のテアニンが苦渋味成分であるタンニンやカテキンに変化するのを防止し、少ない日光でも効率的に光合成ができるよう茶葉内の葉緑素が増えるので、緑の濃い碾茶の茶葉になります。碾茶は石臼で挽くと鮮やかな緑色となります。また飲み方として、粉末茶になるので、急須で淹れて飲むお茶と比較して、水不溶のビタミンを摂取することが可能となり、健康的な効能も期待できます。

抹茶と粉末緑茶との違い

抹茶と粉末緑茶との違いは、使用している茶葉と製茶方法にあります。

抹茶の茶葉は碾茶(てんちゃ)と呼ばれる渋味の少ない茶葉を使用します。粉末緑茶は煎茶の茶葉を使用します。

抹茶は製茶過程において、手もみや乾燥させて石臼で挽いて粉末にります。粉末緑茶は、煎茶を揉んだ際に出てくる煎茶の細かい茶葉の部分を粉末にします。そのため粉末緑茶の方が少し渋味があり、抹茶はあっさりとした味わいのお茶になります。

抹茶の有名産地

抹茶の有名な産地は、愛知県西尾市や京都の宇治茶が全国的に知られています。ほかにも静岡県知覧茶で有名な鹿児島県でも、抹茶の原料となる碾茶の生産が行われいます。

美味しい抹茶の淹れ方・作り方・点て方

美味しい抹茶の作り方をご紹介します。

袋から取り出した抹茶はダマになっていることが多いため、まず茶漉しでふるいます。ふるった抹茶を茶杓で約2グラムほどを茶碗に入れます。 70度、熱いお湯がお好みの方は80度のお湯を70ミリリットルほど準備し、そこから少量を茶碗に注ぎ、ダマができないように、茶せんで溶くようにして混ぜます。残りのお湯を注いで、手首を前後に動かして最初は小刻みに、次は表面を整えるようにして混ぜます。大きな泡は茶筅でつぶし、細かい泡が多いと美味しく見えます。

日本茶好きにおすすめしたい記事

抹茶の記事はいかがでしたでしょうか。

800年以上続く抹茶の歴史、興味深かったですね。

煎茶玉露と違って、茶葉をそのまま摂取することによる栄養素の高さも気になりますね。

さらに日本茶に興味を持たれた方へ、おすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA