碾茶とは?特徴や歴史、由来を解説

碾茶とは

碾茶とは、緑茶の一種で、抹茶のベースにもなる日本茶です。栽培方法は玉露と同じで覆下茶園で、製茶過程で蒸す工程がありません。そのため青緑色が際立ち、碾茶のほとんどは抹茶に加工されます。

碾茶の特徴は?

碾茶の特徴は、旨味と甘味にあります。碾茶は、生育過程において、栽培の20日前から日光を遮断し、渋味の成分であるタンニンの発生を抑制します。強い日差しが当たらないように育てると、日が当たって育った通常の茶葉よりも、旨みの多い柔らかな新芽へと成長します。

碾茶の歴史は?

碾茶の歴史は、日本においては、1191年に臨済宗を開いた栄西(えいさい)までさかのぼります。栄西は鎌倉時代に中国に渡って禅宗を勉強した禅僧です。当時の中国である宋で修行した栄西は、碾茶や挽き茶といった抹茶の製法を持ち帰りました。いまでも栄西が建立した京都建国時の養源院では、栄西が伝えたとされる、抹茶を用いた四つ頭茶会が催されています。

お茶好きにおすすめの記事

碾茶の記事はいかがでしたでしょうか。

抹茶のベースとなる緑茶ということは知られていますが、碾茶はそのままでも十分美味しくいただけます。

石臼で挽く前の碾茶、ぜひ味わってみてください。

また日本茶に興味が湧いた方におすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です