堤焼とは?特徴や歴史、作家を解説

東北を代表する焼き物「堤焼」

堤焼とは?

堤焼とは、宮城県仙台市を中心に生産されている陶磁器です。宮城県知事指定伝統的工芸品に指定されており、東北でも数少ない民芸の窯元です。

堤焼の特徴

堤焼の特徴は、地元の陶土や釉薬を使い、一つ一つを手作業でつくるため生まれる、自然由来の焼き色と力強いデザインです。

堤焼は、歴史が始まって以来、仙台の陶土を使っています。現在では、仙台市泉区の工房の裏手の土を使ったりと材料を工夫しているようで、その粘度を使用した頑丈な見た目と、仙台の稲わらの灰を活用した「なまこ釉」を使うことにより、黒と白の豪快に流れるようなデザインが特徴になっています。

堤焼の由来

堤焼の由来は、宮城県仙台市青葉区堤町に最初の窯を開いたため、その地名から呼称されるようになりました。

堤焼の歴史

堤焼の歴史は、現在から300年以上さかのぼった江戸時代からは始まります。17世紀末、仙台藩4代藩主である伊達綱村公の頃に、仙台藩の命により青葉区堤町あたりに焼き窯が構えられました。そこに江戸の陶工「上村万右衛門」招き、江戸末期には京都の陶工「六世乾山・三浦乾也」の指導をうけて、作陶技術は飛躍的に向上し、東北を代表する窯元になりました。

堤焼の作家

現在仙台市に残る堤焼の作家は、1軒になっています。

堤焼乾馬窯 針生乾馬氏

制作されている商品は、茶器を中心に、花瓶や酒器、湯のみや皿などの生活雑器です。

堤焼乾馬窯 針生乾馬氏の基本情報はこちらです。

  • 所在地: 〒981-3121 宮城県仙台市泉区泉区上谷刈赤坂8−4
  • 営業時間:9時~18時
  • 問い合わせ:022-372-3639

焼き物好きにおすすめの記事

堤焼の記事はいかがでしたでしょうか。

仙台市に唯一残る伝統的な窯元、とても魅力的ですね。

さらに焼き物に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です