笠間焼とは?特徴や歴史、作家を解説

笠間焼とは

笠間焼とは、茨城県笠間市を中心に生産されている陶器です。江戸時代の中期から、笠間の地で作られ始め、酒、醤油、油、茶葉、穀物、和菓子をのせる小皿など用雑器や生活用具の焼き物として使用されました。

参考:笠間市公式ホームページ  

笠間焼の特徴

笠間焼の特徴は、焼成後に赤褐色や淡いオレンジ色といった優しい色合いに変化する点にあります。笠間焼を作る際の陶土は、笠間粘土と呼ばれ、関東ローム層から採土される粘着質の粘土です。粘り気が強いため陶器の生産に好適で、さらに鉄分を多く含んでいることから、焼成後に化学反応で、表面の焼き色が柔らかい赤味を帯びます。

笠間焼の歴史とは

笠間焼の歴史は江戸時代中期ごろ、18世紀後半から始まります。現在の茨城県笠間市箱田(はこだ)の地で、笠間焼の祖である久野半右衛門(くのはんえもん)が、信楽の陶工・長右衛門の指導で焼き物を始め、窯を築いたとされています。平成4年に伝統的工芸品に指定され、近年では、古い歴史に育まれてきた伝統に新たな技法が加わり、「笠間火器」を開発し、土鍋や陶板など新たな商品を生み出しています。現在では、約300人の陶芸家や窯元がいる窯業産地となっており、茶道華道の道具や芸術性の高い作品も作られたりと、幅広い商品ラインナップが魅力的です。

笠間焼の作家・窯元

茨城県を代表する焼き物である笠間焼の有名作家をご紹介します。

笠間焼の人間国宝「松井康成」

笠間焼の作家として有名な方は、松井康成氏が挙げられます。松井康成氏は、1927年で神奈川県横浜市で生まれました。その後は茨城県笠間市に窯を持ち、1993年には、「練上手(ねりあげで)」の技法により重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

笠間焼のレビューや口コミ

笠間焼のレビュー
https://twitter.com/iceperopero/status/1485430924242489347
笠間焼の口コミ

陶磁器好きにおすすめしたい記事

笠間焼の記事はいかがでしたでしょうか。

茨城県を代表する工芸品である笠間焼。

実際に見てみると民芸調で淡い色合いが可愛らしく、思わずほしくなります。

さらに日本全国の焼き物に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。日本の焼き物の種類や産地を一覧にしてまとめてみました。ぜひ一度ご覧ください。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA