唐津焼とは?特徴や歴史、有名作家を解説!

唐津焼とは

唐津焼とは?

唐津焼とは、佐賀県唐津市および長崎県北部で生産される陶器です。400年以上の歴史をもつ焼き物で、国の伝統工芸品に指定されています。現在では、日常で使う皿やカップといった器をはじめ、茶碗・ぐい呑などが作られています。

唐津焼の特徴

唐津焼の特徴は、陶器らしい力強く土らしい荒いデザインと、蹴ロクロ、叩き作りといった伝統的な技法にあります。

唐津焼は「使われることで完成する」焼き物であると言われおり、使うほどに土色が変化します。また表面に貫入というヒビがはいり、使うほどに変色していくため、風合いが楽しめる焼き物です。

蹴ロクロ、叩き作りは、文禄・慶長の役後に李氏朝鮮の陶工から伝えられた技術だと言われており、400年以上たった今でも、その技法が使われています。

唐津焼の歴史

唐津焼の歴史や起源は諸説あります。安土桃山時代に佐賀県唐津の岸岳(きしだけ)という地で、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に渡ってきた陶工が始めたとされる説や、すでにそれ以前に松浦党波多氏をつたって渡ってきた陶工が作っていた説などがあります。その後に朝鮮半島との往来が盛んになり、登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術によって作風や種類も豊かになりました。また茶の湯の隆盛とともに美意識も高まり、日本全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となりました。

唐津焼の作家や窯元を紹介

唐津焼の有名な作家をご紹介します。

中里太郎右衛門

中里太郎右衛門は、本名を中里又七と言い、江戸時代初期に朝鮮半島から渡ってきた李氏朝鮮の陶工です。1615年ごろに唐津藩の御用陶工となり、以降現在まで中里太郎右衛門陶房として窯元が残っています。12代目の中里太郎右衛門氏は、国から唐津焼の陶匠として人間国宝に指定されています。

中里太郎右衛門陶房の基本情報

  • 所在地: 〒847-0821 佐賀県唐津市町田3丁目6−29
  • 営業時間:10時~16時30分
  • 定休日:水曜日
  • 電話: 0955-72-8171

唐津焼の口コミやレビュー

唐津焼のレビュー
唐津焼の口コミ

焼き物好きにおすすめ記事

唐津焼の記事はいかがでしたでしょうか。

さらに焼き物に興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。日本の焼き物の種類や産地を一覧にしてまとめました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です