番茶とは?ほうじ茶の違い、特徴や歴史、産地を解説

番茶というお茶をご存知でしょうか。

煎茶玉露はよく聞きますが、番茶とは一体どういうお茶なのか。

本記事では、番茶の特徴や歴史、美味しい淹れ方をご紹介します。

執筆者は茶道大阪教室講師の翼仙です。

番茶とは

番茶とは、日本で好まれる緑茶の一種で、市場流通品では規格外、低級品の茶葉のことを指します。規格外とは、3番茶や4番茶といった摘採期から外れていて、1番茶や2番茶と比べたら味が落ちる、地域などで外れたものを言います。しかし味はしっかりしており、安価で飲みやすい味をしているため、番茶を好んで飲む人も多くいます。

番茶とほうじ茶の違い

番茶とほうじ茶の違いは、茶葉を焙じているかどうかです。番茶は製茶過程で蒸して乾燥させますが、ほうじ茶は蒸して乾燥させた後に、茶葉を高温で焙じます。そのため味も、番茶は緑茶らしい清々しい香りですが、ほうじ茶は茶葉を焙煎するためスモーキーで芳醇な香りがします。

番茶の特徴

番茶の特徴はカテキンを多く含むことです。番茶は、収穫期が夏以降になるため、日照時間が多く、葉の中の旨味成分であるテアニンの多くがカテキンに変化します。カテキンは渋味成分であり、カテキンが含まれた番茶はあっさりとして飲みやすいです。

番茶の産地

日本にある番茶の産地をご紹介します。

  • 近畿地方

京都市の京番茶は、京都で古くから親しまれている日常茶です。

  • 四国地方

徳島県上勝町の阿波晩茶は、四国地方の番茶として有名です。

阿波晩茶とは

番茶のレビューや口コミ

番茶のレビュー

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。日本のお茶の種類一覧や産地まとめて解説しています。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA