沖縄のさんぴん茶とは?効果や効能、ジャスミン茶との違いを解説

さんぴん茶

沖縄のさんぴん茶とは

さんぴん茶とは、沖縄県で飲まれている緑茶です。ジャスミンの花の香りが特徴で、沖縄県では古くから老若男女問わず好まれているお茶で、日本茶より消費量が多いです。

さんぴん茶の由来

さんぴん茶の由来は、中国語の良い薫りのするお茶という意味の「香片(シャンピエン)」だと言われています。

さんぴん茶とジャスミンティーの違い

さんぴん茶とジャスミン茶の違いは、発酵してるかどうかです。さんぴん茶とジャスミン茶の原材料は同じ茶の木で、ジャスミンの花で香りづけするという工程も同じです。たださんぴん茶は製造工程で半発酵させるのに対して、ジャスミン茶は不発酵茶になります。そのためさんぴん茶は味がまろやかで、ジャスミン茶は渋い味がします。

さんぴん茶の効果や効能

さんぴん茶の効果や効能は多くあるようです。

さんぴん茶の原材料は緑茶で、カテキン・アミノ酸・カフェイン・ビタミンCを含んでいます。 特にビタミンCの含有量が多いのが特徴です。

カテキンには、活性酸素を除去する、抗酸化作用があります。アミノ酸にはリラックス効果、カフェインは疲労・眠気対策、ビタミンCには、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあります。

さんぴん茶を香りづけするジャスミンの花には、「ベンデルアセデート」という香り成分が含まれています。 この香りには、自律神経の緊張をやわらげて精神を安定させますので、自律神経を整えて緊張をほぐす効果があると言われています。

さんぴん茶の口コミやレビュー

さんぴん茶のレビュー
さんぴん茶の口コミ

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。日本のお茶の種類一覧や産地まとめはこちらです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です