沖縄のさんぴん茶とは?効果や効能、ジャスミン茶との違い、淹れ方を解説

さんぴん茶

沖縄で有名なさんぴん茶をご存知でしょうか。

自販機では緑茶ではなくさんぴん茶が販売されており、沖縄のレストレランや飲食店ではほとんどのお店がさんぴん茶を置いています。

飲んでみるとフルーティーでお花の良い香りがして、どこか異国情緒ただよう飲み物「さんぴん茶」。

本記事では、さんぴん茶の由来や効能、美味しい淹れ方を、煎茶道講師であるyokusenchaがご紹介します。

沖縄のさんぴん茶とは

さんぴん茶とは、沖縄県で飲まれている緑茶です。ジャスミンの花の香りが特徴で、沖縄県では古くから老若男女問わず好まれているお茶で、日本茶より消費量が多いです。

さんぴん茶の名前の由来・ルーツ

さんぴん茶の名前の由来は、中国語の良い薫りのするお茶という意味の「香片茶(シャンピエンチャ)」だと言われています。

中国との貿易で「香片茶(シャンピエンチャ)」が沖縄に伝わり、やがて沖縄の方言で「さんぴんちゃ」と呼ぶようになったことがルーツだと言われています。

さんぴん茶とジャスミンティーの違い

さんぴん茶とジャスミン茶の違いは、発酵してるかどうかです。さんぴん茶とジャスミン茶の原材料は同じ茶の木で、ジャスミンの花で香りづけするという工程も同じです。ただ、さんぴん茶は製造工程で半発酵させるのに対して、ジャスミン茶は不発酵茶になります。そのため半発酵茶のさんぴん茶は独特の香りとまろやかな味になり、不発酵茶のジャスミン茶は渋い味がします。(※)

ちなみに発酵茶は、日本国内では、徳島県の阿波晩茶高知県の碁石茶が有名です。

※参考:味わいや香りもさまざまなお茶の種類:農林水産省  

さんぴん茶の効果や効能

さんぴん茶の効果や効能は多くあるようです。

さんぴん茶の原材料は緑茶で、カテキン・アミノ酸・カフェイン・ビタミンCを含んでいます。 特にビタミンCの含有量が多いのが特徴です。

カテキンには、過剰接収すると細胞に悪影響を及ぼす活性酸素(※1)を除去する、抗酸化作用があります。アミノ酸にはリラックス効果、カフェインは疲労・眠気対策、ビタミンCには、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあります。(※2)

さんぴん茶を香りづけするジャスミンの花には、「ベンデルアセデート」という香り成分が含まれています。 この香りには、自律神経の緊張をやわらげて精神を安定させますので、自律神経を整えて緊張をほぐす効果があると言われています。

※1:参考 「活性酸素と酸化ストレス | e-ヘルスネット(厚生労働省)  」

※2:参考 たんぱく質 | e-ヘルスネット(厚生労働省)  

さんぴん茶の口コミやレビュー

さんぴん茶のレビュー
さんぴん茶の口コミ

さんぴん茶の淹れ方

沖縄旅行の際には、大量にさんぴん茶を購入してくるのですが、そこで見つけた美味しいさんぴん茶の淹れ方をご紹介します。

  1. ポットやケトルでお湯を沸かし、80度のお湯を作ります。
  2. 急須を用意し、茶葉をいれて、その上からお湯をいれます。
  3. 60秒ほど茶葉を浸したら、お茶碗に淹れていきましょう。
  4. 茶葉は、3,4回は淹れなおしができます。味が薄くなってくるので、浸す時間を長くしましょう。

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。日本のお茶の種類一覧や産地まとめはこちらです。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA