木魚の由来とは?魚の形の理由や仏具としての意味、歴史、叩く理由を解説

「ぽくぽくぽく」と、仏壇がある家庭なら聞こえてくるこの音は、木魚をたたく音です。

独特の形状をしている、まるで木製楽器のような音を出すこの木魚は、なぜ仏壇に必須の道具となったのでしょうか。

本記事では、木魚の由来や魚の形の理由、歴史、叩く理由などを分かりやすく解説していきます。

執筆者は、お寺や神社などで茶会を主催する煎茶道講師の翼仙です。

木魚とは

木魚とは、仏教における読経の際に、一緒に打ち鳴らすことによってリズムをとるのに使われる法具です。また広いお寺の境内で、木魚を打ち鳴らすことによって修行僧を集めるために使用するお寺もあります。

木魚の原材料

木魚の原材料は国産の木材が多く、中でも楠(くすのき)や桑(くわ)などの丸太を材料として、職人が一から手作りで作業します

木魚が魚の形の理由

木魚が魚の形である理由は、かつて木魚が魚の形をしていた魚は眠るときも目を開けたまま眠るため、そこからデザインされたと言われています。 昔、魚は眠らない生き物だと信じられていて、魚を見習って眠気を払おうと、木魚が魚の形になったのです。 木魚はもともと魚の形をした木の板で、これを叩いて時間を知らせていた。

木魚の歴史

木魚の歴史は古く、室町時代にさかのぼります。室町時代の禅宗寺院の中では、すでに大衆を集める合図として木製の鳴り物が使用されていたことが分かっています。

室町時代の木魚

室町時代に使用されていた木魚が、山梨県山梨市にある飯雲光寺にあります。数百年前の木魚がどんな音がするのか、気になりますね。

飯雲光寺は、寺記によると応永2年(1395)に再興された禅宗の寺院と伝えられています。
この寺の木魚はケヤキの根元で造られており、刻銘によれば、応永4年、寺が再興された直後に作られた古い時代のものですが、今もなお使われている大切な遺品です。
大きさは縦46.5cm、横49.0cm、高さ31.0cm、重さは約21.7kgほどあります。
木魚は読経の際に打ち鳴らす法具の一つで、用材は一般に堅めの広葉樹が使われています。

引用:木魚 – 山梨県山梨市オフィシャルサイト『誇れる日本を、ここ山梨市から。』  

木魚の由来

魚とは言いがたい丸い形なのに、なぜ「木の魚」なのか?

木魚は、元々は「開梛(かいぱん)」や「魚板(ぎょばん)」と呼ばれる、平らな魚の形をしていました。開梛とは、食事をする庫裡の近くの天井につるして修行僧を集めるために打つ禅宗寺院の法具です。 木製で大きな鯉(こい)形または鯱(しゃち)形をし、腹中を刳(く)ってあり、水平につるして木槌(きづち)で打ち鳴らして音を出します。ほかにも梆(ほう)や魚梆(ぎょほう)と呼ばれたそうです。

木魚の由来である「開梛(かいぱん)」の歴史

萬福寺にある木魚の由来である「開梛(かいぱん)」
萬福寺にある木魚の由来である「開梛(かいぱん)」

江戸時代初期に明より来日した黄檗禅宗の高僧である隠元禅師が、京都宇治市の萬福寺に伝えた開梛が、木魚の原型と言われています。萬福寺の開梛は、現在でも使用されており、音を鳴らして境内で時刻を知らせています。萬福寺の開梛は、下腹に穴を開けておりが、中は空洞になっており、叩いた音が大きく鳴り響くようになっています。

修行僧が開梛を叩くのは、体内から欲心や煩悩など雑念を吐き出させる修行という意味合いもあります。

木魚をたたく理由とは

お経を唱える際に木魚を叩く理由は、お坊さんの眠気覚ましのためと言われています。かつては一定のリズムと音階でお経を唱える時間に、どうしても眠くなって集中力が途切れたり、寝てしまう修行僧が多くいたようです。そのため常に目を開けている生物である魚を模した仏具を叩くことで、魚のようにしっかり目を見開いて鍛錬や修行をするようにと意味を込めたようです。

木魚の種類

木魚の種類は多く、大きさや形状、装飾によって分類分けされています。

代表的な木魚をご紹介します。

日本一巨大な木魚@龍徳寺

日本一巨大な木魚を北海道の龍徳寺で見ることができます。

龍徳寺は、北海道小樽市にある曹洞宗の寺院です。

龍徳寺の本堂は市内で最古の寺院本堂で、小樽市指定歴史建造物に認定されています。

境内では、直径1.3m、高さ1m、重さ330kg、4㎏のばいで叩く日本一大きい木魚を見ることができます。

龍徳寺の基本情報

  • 所在地: 〒047-0003 北海道小樽市真栄1丁目3−8
  • 電話: 0134-22-0523
  • アクセス:札樽自動車道「小樽IC」にて下車、日本海オロロンラインを西に約5分ほどで到着

日本最古の開梛(かいぱん)@萬福寺

日本最古の開梛は、京都府の萬福寺で見ることができます。

萬福寺は、京都府宇治市にある黄檗禅宗の寺院で、法堂は国宝に指定されています。

境内の南側にある庫裡の前には、いまでも開梛が天井から吊るされています。

萬福寺の基本情報

  • 所在地: 〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄三番割34
  • 営業時間:9時~17時
  • 電話: 0774-32-3900

木魚の使い方

木魚の使い方は、バチで叩き音を出して使います。その際に木魚は座布団にのせておきます。

木魚の下に敷く座布団には、床と木魚がこすれて傷つかないためと、叩いている時に木魚がすべって動いたりしないようする役割があります。

また座布団の柔らかさや木魚と接している面積で、音の響きや高低などの音程が変わります。

木魚の作り方

木魚の作り方、製造工程をご紹介します。

木魚は、楠(くすのき)や桑(くわ)などの木材を材料として、職人が一から手作りで作業します。

第1工程:木取り

2~3年間寝かした楠や桑の木の丸太を、木魚のサイズに応じた切り幅で輪切りにします。

その際に縁や角など余分な部分を切り取って、木魚のだいたいの形に近づけます。

第2工程:整形

だいたいの大きさに整えた木材を、ノミとカンナで実寸の大きさと形に整えていきます。

第3工程:中彫り

木魚の内部の空洞をつくるため、中彫り用の特注のノミで木魚の中をくり抜きます。

第4工程:乾燥

サイズによって1~10年間ほど陰干しして自然乾燥させます。

第5工程:彫刻

表面の飾りを完成させます。注文に応じて取っ手の部分と本体表面にさまざまな彫刻を施します。

第6工程:研磨

紙やすりで表面を磨いた後に艶出しワックスで仕上げます。

第7工程:音付け

木魚のサイズと木質に応じて最高の音が出るように最終調整をします。

参考:大阪教育大学

木魚職人・工房

現在日本で活躍する木魚職人や工房の情報をご紹介します。

  • 市川木魚製造所
  • 加藤木魚製造所
  • 深田木工所
  • 久保田木魚
  • 加藤木魚工房
  • 木魚工房 久洋

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA