村上茶とは?北限のお茶の特徴

村上茶とは

村上茶とは?

村上茶とは、新潟県村上市で生産される緑茶です。歴史は古く、江戸時代初期から生産がはじまったと言われています。

村上茶は北限のお茶

村上茶は、日本全国で、 商業的なお茶の生産地としては最も北に位置していることから、北限のお茶を言われています。

村上茶が栽培されるチャノキは南方の植物で、温かい気候で育つ植物で、気温が-5℃を下回ると枯れてしまいます。

日本海側で、奥羽山脈からの風もうける村上市周辺は冬の寒さが厳しい地域ではありますが、積もった雪によってチャノキ周辺の温度が-5℃ほどになるため、商業的な生産が成り立っています。

新潟県村上市から東の茨城県北部を結ぶラインが、商業的なお茶の生産の北限と言われていますが、規模は小さい茶園なら、このラインより北でも、お茶の栽培は行われていて、宮城県石巻市の桃生茶や秋田県の檜山茶が有名です。

村上茶の特徴

村上茶の味や生育方法の特徴を3つご紹介します。

希少茶

村上茶は、他の茶産地と比べて2番茶までしか収穫しないため、年間の生産量が少ないです。そのため新潟県内で生産されるのがほとんどのため、他県に出回らない希少なお茶です。

渋味が少なく甘味が強い

村上茶は、生育環境が新潟県の日照時間が比較的少ない地方であるため、他の茶産地と比べて渋味成分であるカテキンが少量であることがわかっています。そのためうま味成分であるテアニンの味が際立ち、甘味やうま味の強いお茶になります。

在来種と自然交配

村上茶は、江戸時代から栽培されている寒冷地に強いチャノキと、茶の生産で主流となっているヤブキタが自然交配した茶ノ木から栽培されています。北限の生産地ならではの工夫と伝統で育てられています。

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。日本のお茶の種類一覧や産地まとめはこちらです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です