滋賀県の朝宮茶とは?特徴や歴史を解説

滋賀県の朝宮茶をご存知でしょうか。

昔から日本を代表するお茶として知られています。

本記事では、朝宮茶の特徴や歴史、口コミをご紹介します。

執筆者は茶道大阪教室講師の翼仙です。

朝宮茶とは

朝宮茶とは、滋賀県信楽町で生産されている煎茶です。

滋賀県の朝宮茶は、京都の宇治茶、静岡の川根茶、静岡の本山茶埼玉の狭山茶と共に日本五大銘茶に数えられる伝統的なお茶の産地として知られています。

朝宮茶の歴史

朝宮茶の歴史は古く、今から1000年以上前の平安時代にさかのぼり、日本最古級の茶の歴史を持ちます。

朝宮茶の始まりは西暦805年、遣唐使として中国に留学していた最澄が、大陸から持ち帰った茶の種を朝宮の地に植えたことから始まったとされています。最澄は滋賀県の比叡山延暦寺を開山した僧で、滋賀の地で茶の栽培に適する土地を探した結果、標高400mほどで霧が立ち込みやすく、水や土壌の良い朝宮地区が選ばれたのではと言われています。

朝宮茶の特徴

朝宮茶の味の特徴は、うま味と清々しい香りです。

朝宮地区は、標高が高い山間にあり日照時間が短いため、収穫時期まで旨味成分であるテアニンが多く残りやすい環境です。
また、朝宮茶のような山のお茶は、なんとも言えない清々しい香りも特徴の1つです。
うま味成分は土壌の肥料管理によってある程度増やしたりすることはできますが、香りは環境に左右されやすく、朝宮茶には他の地域のお茶とは違った独特の野性味のある清々しい香りがあります。

そのため和菓子との味の相性が良いです。

朝宮茶の口コミやレビュー

朝宮茶のレビュー
朝宮茶の口コミ

おすすめ関連記事

さらにおすすめの関連記事をご紹介します。

日本のお茶の種類一覧や産地まとめはこちらです。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA