大和茶とは?奈良県のお茶でお土産にも最適

大和茶とは

大和茶とは、奈良県で栽培される緑茶の名称です。おもに奈良県中部エリアにある月ヶ瀬が田原で生産されています。

大和茶の歴史

大和茶の歴史は古く、今から1000年以上前の平安時代にさかのぼります。中国・唐で修行をした弘法大師空海が日本に戻ってきた折、お茶の種子も携えて帰ってきました。奈良県宇陀市にある佛隆寺に種をまき、そこから大和平野全域で栽培されるようになったと言い伝えられています。

大和茶の味

大和茶の味の特徴は、清々しい味と、心地よい薫りが、お茶を淹れた瞬間に広がるところにあります。盆地でもある奈良は、朝晩の寒暖差のある気候と豊富にある清流は、お茶の生育に最適で、味や香りの凝縮された美味しいお茶が生産されます。

おすすめ関連記事

大和茶の記事はいかがでしたでしょうか。

お茶好きの方にさらにおすすめの関連記事をご紹介します。

日本のお茶の種類一覧や産地まとめましたので、こちらもぜひ一度ご覧ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ