華道の生け方「立花」

華道の歴史は古く、伝統文化として華道というものが出来たのは、室町時代にさかのぼると言われています。立花は華道における、最も古い生け方と言われており、華道や生け花を学ぶ人たちが最も時間をかけて鍛錬する項目の1つです。

華道について詳細に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

立花とは

立花とは、華道の基本的3つの生け方の1つです。華道発祥の池坊がつくった型の1つです。

立花は室町時代に成立した最も古い様式で、多種多様な草木により大自然の風景を表現します。

立花(りっか) | いけばなの根源 華道家元池坊  

立花の歴史

立花の歴史は古く、室町時代後半から江戸時代初めにかけて完成した、華道の型の中でも、最も伝統的なスタイルです。生け花は、古来より神仏へ供えられてきた献花がベースにあり、やがて室町時代に邸宅でも花を生ける風習が定着しました。その際に、献花の意味合いを持ちながらも、より美しくお花を見せるにはどうすればよいか、という命題からうまれました。

参考:「令和2年度 生活文化調査研究事業(華道)報告書」 文化庁地域文化創生本部事務局

立花の作品例

華道の立花の作品例は、いけばな協会のサイトやWEB上で見えることができます。

いけばなギャラリー | 公益財団法人日本いけばな芸術協会  

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

華道の生け方「生花」