秋の和菓子といえば何?

秋と言えば様々な食材の収穫の時期です。

夏の暑い季節に大きく瑞々しく実った食材が収穫されて、市場に出回り、和菓子にも使われます。

秋に使われる和菓子の食材と言えば、栗、柿、芋、米などが挙げられます。

本記事では、季節の食材で作られた秋の人気和菓子をご紹介します。

執筆者は元和菓子屋の茶道講師・翼仙です。

和菓子についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください

栗きんとん

栗きんとんは、収穫されたばかりの栗と砂糖を合わせて炊き上げた和菓子です。

食材がシンプルで、栗本来の風味を楽しめます。

別名栗金飩や栗金糖、栗茶巾とも呼ばれています。

芋羊羹

芋羊羹とは、芋と砂糖、少しばかりの塩を混ぜて練り上げて形成した和菓子です。

サツマイモが主原料で、芋が糖分が多い事から砂糖も少なめで、あっさりとした甘さが病みつきになります。

名前から餡が入っていそうですが、サツマイモが主原料となるため、あんこは使用されていません。

栗蒸羊羹

栗蒸羊羹とは、大きく切った栗を小豆と一緒に蒸しあげた和菓子です。

通常の練り羊羹とは違い、小豆と小麦、砂糖を混ぜた生地を、栗と一緒に蒸しあげるため、もっちりとした味わいと、栗の甘味が楽しめます。

まとめ

秋のおすすめ和菓子はいかがでしたでしょうか。

和菓子は味もさることながら、陶器の皿にのせてみたり、簡単な華道の生け花を添えるなど視覚的に雰囲気を整えてから食べるとより美味しく感じます。

もちろん甘いので、日本茶や紅茶、コーヒーなどとペアリングして食べるのも良いですね。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

茶道の禅語一覧

次の記事

冬の和菓子といえば?