冬の和菓子といえば?

冬の和菓子と言えば何を想像しますか?

紅葉が終わってクリスマスを迎え、そしてお正月が始まる、沢山の行事がある季節です。

実はこの時期にしか食べられない和菓子ってけっこうあります。

今回は冬の人気和菓子をご紹介します。

本記事の執筆者は、元和菓子屋で茶道大阪教室を主宰する翼仙です。

そもそも和菓子とは?洋菓子との違いや種類など詳しく解説した記事はこちらの記事をご覧ください。

椿餅

椿餅とは、冬の時期に咲く椿になぞらえた作られる餅菓子です。

もち米粉である道明寺粉の生地で甘く煮たこし餡を包み、食べやすいよう上下を椿の葉で挟んで完成です。

花びら餅

花びら餅とは、お正月に京都で食べられている伝統的な餅菓子です。花弁餅や花片餅と書き、また別名では菱葩餅(ひしはなびらもち)とも呼ばれます。

お正月についた御餅、もしくは求肥で、白味噌餡と炊いたふくさごぼうを包みます。ごぼうは、お正月の祝膳に供される”押し鮎”に見立てた縁起物を言われます。

茶道では、正月の初釜で出される定番の和菓子だそうです。

ぜんざい

ぜんざいとは、小豆に砂糖をいれて甘く煮て、ついた御餅と一緒に食べる正月菓子です。

善哉と書き、関西地方では、小豆を漉したものはぜんざい、粒あんのものはお汁粉と呼びます。

季節の和菓子

日本には、春夏秋冬でそれぞれの季節の和菓子があります。

春夏秋冬の和菓子をまとめましたので興味のある方は下記の記事をご覧ください。

春のおすすめ和菓子

夏のおすすめ和菓子

秋のおすすめ和菓子

冬のおすすめ和菓子

まとめ

冬の和菓子はいかがでしたでしょうか。

他にも羊羹饅頭うぐいす餅おはぎなど、和菓子記事をご用意しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

羊羹の記事は下記をご覧ください。

饅頭の記事は下記をご覧ください

おはぎの記事は下記をご覧ください。

うぐいす餅の記事は下記をご覧ください。

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ