はじめての茶道のお茶会!服装や作法、持ち物など解説

普段カフェでお茶やコーヒーを飲んでお茶をすることは多いと思いますが、茶道の茶会に行ったことはありますか?

茶道の茶会は、お寺や神社、地域にある茶室で定期的に開かれていて、大人になると招かれることもあるかと思います。

今回は、はじめての方に向けて、茶道のお茶会に参加した時の作法や服装、注意点を解説します。

執筆者は、大阪煎茶道教室の講師である翼仙です。

茶道についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

茶道のお茶会とは

茶道のお茶会とは、主催である亭主が、お客様を招いてお茶を点ててお出しするもので、お手伝いとして教室のお弟子さんが参加されることが多いです。

お弟子さんの日ごろの稽古の成果を見せる場所でもあり、お弟子さんもお客様を招くので、1日で100人以上参加する茶会もあります。

茶会では、お茶和菓子が出されて、それをいただきながら亭主とのお話をします。

お茶についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

はじめての茶会の作法

はじめての茶会での作法は、特に必要ないというのが結論です。

茶道の作法は、茶道や茶会という限定された場所でのみ行うもので、ほとんどの人が知らないのが当たり前です。

主催する側からすると、常連用の茶会でない限り、お客様の中にはじめの方がいることも想定されているので、そこまで気にする必要はありません。

強いて言うとすると、畳の縁は踏まない、周りの人の行動に合わせる、これさえ出来れば大丈夫です。

茶会での服装・持ち物

茶道の茶会で多い服装は、男性はスーツやジャケットを羽織った格好、女性もワンピースなど清潔感があるものが良いです。

どちらにも共通して言えることは、フォーマルな格好だと無難です。

茶会で持参すべきものは、和菓子を切る菓子切りと茶碗を拭いたり和菓子をのせる懐紙、茶室で履き替える白い靴下の3点です。

茶会での注意点

茶会で注意したいポイントは、「正客」に座らないことです。

正客とは、茶会で亭主と話しをしたり、掛軸や床の間飾りについて質問したりと、茶会の中で特別な役割を持ちます。

正客は茶室の床の間の前、亭主の近くがその場所で、茶会に参加するほかの人に正客を進められた際には、はじめての茶会であることを告げて断るようにしましょう。

また指輪やブレスレットなどの貴金属は外して参加しましょう。

お茶会で出てくる焼き物・陶磁器の茶道具は、高価なものであるため、金属の装飾品を身に着けていると傷がついてしまう可能性があります。

茶道のお茶会の流れ

茶会の流れを、会場に到着してから順に説明します。

はじめて茶会に参加するときの参考にしてください。

受付

茶会の場所に到着したら、まずはじめに受付をしましょう。

お茶会は複数の人を招くことが多く、主催側は名簿をつくって受付をしています。

受付では記名、もしくは名前を告げて会場に入るようにしましょう。

茶室へ

受付を済ませると、次は茶室に案内されます。

茶室に入ると、床の間があり、華道・生け花や掛軸がかけてあります。

一度そちらに一礼してから席に着くようにしましょう。

華道をもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

亭主とご挨拶

全員が茶室に入ると、亭主が水屋から出てきてご挨拶をされます。

その際は、周りに合わせて挨拶をするようにしましょう。

お点前さんの礼

亭主に加えて、お点前さんも入室されます。

茶会ではお点前さんに合わせて礼をするのが3回ほどあります。タイミングとしては、入室されてお点前が行うとき・お茶を点て終えて片付けをおこなう時・お点前を終えた時です。

菓子をとる

お点前がはじまると、少し時間がたってから和菓子が出てきます。

基本的には菓子鉢に入って出て切るので、鉢についている箸で、自分の懐紙に菓子をのせる必要があります。

和菓子についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

お茶をいただく

お菓子をいただいたら、少ししてから抹茶が入ったお茶碗がまわってきます。

自分の席にお茶碗が運ばれてきたら、お点前さん、同じ席の人に「御先に頂戴します」と声を掛けてから、お茶をいただくようにしましょう。

抹茶についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

お茶会の終わり

お点前さんが道具をすべて水屋に片付けると、茶会は終わりになります。

最後に亭主へ礼をして退室しましょう。

まとめ

はじめての茶道のお茶会に関する記事はいかがでしたでしょうか。

茶道に関して興味を持たれた方におすすめの記事をご紹介します。

茶道教室でのお中元・お歳暮の渡し方や渡す時期やタイミング

茶道の懐紙とは?使い方や身につけ方、種類を解説

Follow me!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA