煎茶道とは

煎茶道とは、その名前にあるように、茶葉を用いて急須でお茶を淹れる点前をする茶道の流派です。玉露や煎茶、ほうじ茶、中国茶などさまざまな茶葉を使うことから、抹茶のみを使用する流派と区別するため煎茶道というようになりました。

また「茶葉を煎(に)る」と書き、煎茶道です。見慣れない漢字を使っていますが、煎茶趣味は中国文化の影響を強く受けているためです。煎茶道具や煎茶の歴史を学んでいくと、意外と自分たちのまわりにも、煎茶文化があることが分かります。