煎茶道において水差から水を汲む煎茶道具「柄杓」のご紹介をします。

参考 煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

※流派や先生のよって名称や扱い方が異なる可能性があります。

煎茶道具「柄杓」(ひしゃく)とは

煎茶道においては、煎茶碗や急須を清めるために、水差しから水を汲む(くむ)ためにつかう道具です。

煎茶道具「柄杓」の素材や形とは

素材は竹製のものがほとんどで、形状は、長い柄(え)の先端に筒型(つつがた)の斗を付けています。まれに縁起物の瓢箪(ひょうたん)を加工して、柄杓のようにつかう瓢杓(ひょうしゃく)という道具もある。瓢箪(ひょうたん)が縁起物で、それにかけて幸福を掬う(すくう)という意味合いがある。

柄杓の画像

煎茶道具「柄杓(ひしゃく)」

もっと煎茶道具について知りたい方のために

煎茶道具の一覧ページをつくりました。

道具の説明や画像、動画も載せていけるようまとめております。

ぜひこちらも合わせて見てくださいね。