柄杓(ひしゃく)

煎茶道においては、煎茶碗や急須を清めるために、水差しから水を汲む(くむ)ためにつかう道具です。素材は竹製のものがほとんどで、形状は、長い柄(え)の先端に筒型(つつがた)の斗を付けています。まれに縁起物の瓢箪(ひょうたん)を加工して、柄杓のようにつかう瓢杓(ひょうしゃく)という道具もある。瓢箪(ひょうたん)が縁起物で、それにかけて幸福を掬う(すくう)という意味合いがある。

煎茶道具「柄杓(ひしゃく)」