火斗(かと)

火種を運ぶ道具で、一般に使われる十能(じゅうのう)のことです。涼炉と同じく、火を入れるため、素焼きのものがほとんどです。