煎茶道において結界の役割を果たす煎茶道具「炉屏」についてご紹介します。

※参考 煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

流派や先生、教室によって名称や扱い方が異なる可能性があります。

煎茶道具「炉屏」とは

お手前をする茗座(めいざ:お手前をするところの名称で手前座とも呼ばれる)の向こうへ立てる屏風のことを言います。

煎茶道具「炉屏」の材質や形とは

斑竹や紋竹、黒竹など太さ1センチくらいの細い竹で、煎茶道具でよく用いられるデザインである氷裂または雷紋などに組んで作られます。

そのほかにも銅や杉などの木地でつくられたり、紙張りのものもあります。

高さは約25センチぐらいです。

もっと煎茶道具について知りたい方のために

煎茶道具の一覧ページをつくりました。

道具の説明や画像、動画も載せていけるようまとめております。

ぜひこちらも合わせて見てくださいね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ