茶葉の量をはかる煎茶道具「仙媒」についてご紹介させていただきます。

参考:「煎茶全書」主婦の友社 昭和49年

煎茶道具「仙媒」(せんばい)

煎茶道具「仙媒」(せんばい)について

煎茶道具である「仙媒」(せんばい)は、茶葉の量をはかり、その茶葉をおなじ煎茶道具の急須や泡瓶にいれるときにつかうお道具です。

さまざまな呼ばれ方をしており、仙媒以外にも、「茶合」(さごう)、「茶則」(ちゃそく)、「茶匙」(ちゃひ)、茶量(ちゃりょう)「茶計」(さけい)とも言わています。

煎茶道具「仙媒」の素材について

素材は竹、木材、銀、銅、象牙などです。

寸法はそれぞれの流派や先生によって異なるので様々なものがあります。

20センチほどの竹を半分に割って、燻して色を変えたり、漢詩や文人画を彫ったものもあります。

煎茶道具「仙媒」の雰囲気を動画にてご覧ください。

とくにお手前というわけではありません。

煎茶道具にご興味のある方に、煎茶道具の雰囲気を少しでも知っていただきたく、動画にしました。

仙媒は、急須にいれる茶葉の量をはかるために、おなじ煎茶道具「茶心壺」(ちゃしんこ)より、一度茶葉を載せます。

仙媒に茶葉を載せる雰囲気をご覧ください。

煎茶道具の仙媒(せんばい)について