煎茶道でつかわれる急須を置く煎茶道具「急須台」をご紹介します。

煎茶道の急須
煎茶道具「急須台」

参考: 参考 煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

    ※流派や先生によって名称や扱い方が異なる可能性がありますのでご承知おきください。

煎茶道具「急須台」(きゅうすだい)とは

急須台とは、文字通り、急須(きゅうす:小ぶりの取っ手のついた茶器)や泡瓶(ほうひん)などを載せる台のことです。

煎茶道具「急須台」の材質や形とは

急須台の材質は木材や竹製、金属や錫製のものがあります。

基本的な形としては楕円形(だえんけい)が多いですが、その他にも角ばったもの、葉の形をしたものがあります。

煎茶道具「急須台」の画像はこちら

こちらの急須台は、直径7センチ程度、栃の木からつくられた急須台です。

木目が美しく、水気に強いです。

煎茶道の流派
煎茶道具「急須台」