煎茶道具「袱紗」

煎茶碗をのせる煎茶道具「袱紗」をご紹介します。

※参考:煎茶全書 主婦の友社 

 名称や扱い方は、流派や先生によって異なる可能性があります。

煎茶道具「袱紗」(ふくさ)とは

袱紗とは、ほかの煎茶道具を清める、拭う作法のときに用いる、柔らかい布のお道具です。

別に絹紦(けんば)、帛紗(ふくさ)、服紗(ふくさ)などと呼ばれています。

煎茶道具「袱紗」の材質や形とは

材質としては絹(きぬ)や木綿(もめん)、更紗(さらさ)、混織(こんしょく:二種以上の糸を混ぜて織ること)などが多く用いられます。

大きさは、流派やその時の茶会によって異なったりしますが、だいたい縦28センチ、横26センチぐらいを使うことをおすすめされます。

煎茶道具「袱紗」の画像はこちら