煎茶道具「風炉」とは

煎茶道具「風炉(ふろ)」は煎茶道特有の道具で、炭で火をおこし、その上にセットされた風炉(ふろ)でお湯をわかすための焜炉(こんろ)です。

「冷炉」「茶炉」「涼炉(りょうろ)」とも呼び、ボーフラと涼炉台(涼炉を置く台)とセットで、使用されます。

煎茶道具「風炉(ふろ)の材質や形とは

風炉のほとんどのものは、釉薬(ゆうやく)でコーティングされていない、いわゆる素焼き(すやき)ですが、火を入れるところだけ素焼きのものをはめ込むようにして、本体は磁器製(じきせい)のものがあり、染付や色絵で絵つけのしたものもあります。

形は縦長で、胴体部分が丸いものが多いです。また流派や作家さんによっては、四角や八角のものも作ることもあります。

大きさも大小さまざまですが、季節によって使い分けられたり、設えや使われるお手前によって変わってきます。


またこの風炉(ふろ)を置く台として炉台(ろだい)という煎茶道具もあります。

陶器が多いのですが、ときには古瓦を使ったりもします。涼炉に足のある場合は炉台に足のないものをつかうことになっています。

煎茶道具「風炉(ふろ)」の画像

※現在準備中です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ