涼炉(りょうろ)を置く煎茶道具「炉台」をご紹介します。

※ 参考:煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

 名称や扱い方は、流派や先生によって異なる可能性があります。

煎茶道具「炉台」とは

炉台とは、煎茶道具「涼炉」の下に敷く台、もしくは板のことです。

涼炉から落ちてくる灰や火の粉を受けるため、また涼炉の足で茶具褥(ちゃぐじょく)や畳がいたまないようにする役割があります。

煎茶道具「涼炉」の材質や形とは

涼炉との相性を考え、陶器や素焼きであることが多いです。

またそれ以外にも木板や古い瓦を使いうこともあります。