お手前でも使用する、煎茶道具を置く「棚」についてご紹介させていただきます。

※参考 煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

流派や先生、教室によって名称や扱い方が異なる可能性があります。

煎茶道具「棚」とは

煎茶道のお手前において、涼炉の隣に置き、水注や茶心壺、仙媒などをのせる役割があります。

別に卓櫃(たくき)、具列架(ぐれつか)などとも呼ばれています。

櫃(ひつ)とはふたが上に開く大形の箱のことで、長櫃(ながびつ)・唐櫃(からびつ)などと使われる。

煎茶道具「棚」の素材や形とは

棚には大棚と小棚があります。大棚は長さ75センチ、幅27センチ程度で小棚は長さが大棚の2分の1程度です。

棚は大小にかかわらず2段もしくは3段のものがほとんどで、いずれも細い竹、細い木の柱によって棚板を支えています。

「棚」の種類とは

【3段の棚】

・松風棚

・台子(だいす)

・友蘭棚

・東雲棚(しののめだな)

・君子棚(くんしだな)

【2段の棚】

・四方棚(しほうだな)

・方卓(ほうたく)

・通仙棚

・夕顔棚

などがあります。

もっと煎茶道具について知りたい方のために

煎茶道具の一覧ページをつくりました。

道具の説明や画像、動画も載せていけるようまとめております。

ぜひこちらも合わせて見てくださいね。