煎茶道具を載せる手前盆をご紹介します。

※ 参考:煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

 流派や先生によって名称や扱い方が異なる可能性があります。

煎茶道具「手前盆」(てまえぼん)とは

手前盆とは、文字通り、お茶のお手前を行う際に、自分の身体の前に置き、煎茶道具を上に置く盆のことです。

別に煎盆(せんぼん)茗盆(めいぼん)、盞盆(さんぼん)、沃盆(よくぼん)などと言います。

煎茶道具「手前盆」の材質や形とは

材質は木の素地や漆が塗ってあったり、金属などもあります。

形は長方形(角盆)が多いですが、正方形(四方盆:しかたぼん)や丸形盆(丸盆)などがあります。

大きさとしては丸盆で直径27センチ前後、角盆で長さ30センチ・幅20センチぐらいが多いようです。