煎茶道具(せんちゃどうぐ)について

煎茶道具とは、煎茶(または玉露など)に使用する器物や器具類のことです。道具には、形、土、釉薬、絵付け、産地、由来なとあらゆることを多角的に鑑賞できる楽しみがあり、その鑑賞や観察力があってこそ、愛着や愛蔵ということになってきます。

こちらのページでは、煎茶道具の名称や使用用途(しようようと)、素材(そざい)、産地、名前の由来などをまとめました。

ご覧になると分かるかと思いますが、難しい漢字、読めても何の意味が込められているのかよくわからない名前が多いです。

煎茶道は、江戸時代に文人趣味(ぶんじんしゅみ)と呼ばれる中国の文化に精通した方々によって大成されました。

中国から輸入したものを名前や音、漢字をそのままに使用していることが多いです。

昔はこれがどんな使われ方をしていたのか、なぜこの煎茶道具がつくられたのか、それが分かる一つの民俗学的(みんぞくがくてき)な文化としてとらえて、難読漢字に挑むようなかたちで楽しみながらご覧いただけますと幸いです。

煎茶道具一覧

烏府(うふ)、炭斗(たんとう

火斗(かと)

・急須(きゅうす)

建水(けんすい)

茶具褥(さぐじょく、ちゃぐじょく)

水注(すいちゅう)

煎茶碗(せんちゃわん)

・仙媒(せんばい)

洗瓶(せんびん)

涼炉(りょうろ)

茶心壺(ちゃしんこ)

茶托(ちゃたく)

泡瓶、宝瓶(ほうひん)

羽箒(はぼうき)

花屏風(はなびょうぶ)

柄杓(ひしゃく)

火箸(ひばし)

瓶床(びんしょう)、瓶敷(びんしき)

・泡瓶(ほうひん)

ボーフラ

・廻し籠(まわしかご)

・涼炉(りょうろ)

炉扇(ろせん)

いかがでしたでしょうか。

煎茶道具と一言でいっても、これだけたくさんのお道具があります。

また流派によって特別におつくりしているものもありますので、このページでは、もしかしたらほんの基本的なお道具しか紹介できていないかもしれません。

今回は参考書や実際にお店や茶会にいって聞いてきた内容をまとめました。なにか修正点などありましたら、お気軽に問合せください。

参考書籍:「煎茶全書 主婦の友社編」昭和49年 主婦の友社発刊

煎茶道具を販売・ネット購入できるお店

また、わたしが煎茶道教室を行っている、大阪市中央区上本町(うえほんまち)の骨董ギャラリー「笹船屋(ささふねや)」でも、煎茶道具を取り扱っていますので、大阪にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

かんたんな店舗情報だけ掲載させていただきます。

煎茶道 大阪上本町教室がある骨董ギャラリー「笹船屋」の基本情報

煎茶道東叡山翼仙|大阪上本町教室「笹船屋」の様子。
煎茶道東叡山翼仙|大阪上本町教室「笹船屋」の様子。

大阪市中央区にある、茶道具や煎茶道具を中心に、生活雑貨や和雑貨をあつかうお店です。

ある人が大切にされていた物を新たな持ち主の元へ送り届ける渡し舟のような店になりたいと言う思いから「笹舟屋」という屋号にされたようです。

【笹船屋の基本情報】

・店名:骨董ギャラリー「笹船屋(ささふねや)」

・住所:〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西5−1 8ビル 3階

・連絡先:090-6669-3325(店長:北田さん)

・営業時間:11:00~20:00(不定休)

・アクセス:大阪メトロ谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩4分

・アクセス:近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩3分

最新の清水焼が見れる「京都陶磁器会館」

世界遺産である清水寺(きよみずでら)へ通じる五条坂、京阪清水五条駅から東大路通り(ひがしおおじどおり)まで歩くと、こちらの「京都陶磁器会館」(きょうととうじきかいかん)が見えてきます。京都陶磁器協会が運営する施設でして、京都で活躍する職人さんや作家さんの作品が常時展示、販売されています。煎茶道具といえば磁器(じき)、磁器といえば京都の清水焼(きよみずやき)というぐらい、京都は磁器のレベルが高いです。こちらの会館ではそんな磁器の煎茶道具も取り扱ってらっしゃいます。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:〒605-0864 京都府京都市東山区遊行前町583−1

問合せ先:075-541-1102

営業時間:9:00〜17:00

アクセス:京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分

今屋静香園 観音正寺本店

日本のウユニ塩湖としてブレイクしている父母が浜がある香川県観音寺市のお茶屋さんです。抹茶ソフトクリームが美味しくて、うどんを食べた後には思わず足を延ばして来てしまいます。お茶っ葉の「讃岐の雫」がおすすめですが、煎茶道具の品ぞろえも豊富です。香川にお立ち寄りの際はぜひ訪問してみてください。

ーーーー基本情報ーーーー

住所:香川県観音寺市観音寺町甲3113-2

問い合わせ先:(0875) 25-2703

営業時間:8:30~19:00

アクセス:観音寺駅から徒歩約15分、車で約5分