瓶床(びんしょう)、瓶敷(びんしき)

瓶床とは、涼炉の手前に置き、ボーフラを上に置くことで、茶具褥をいためないようにする役割があります。竹や藤で編んだものが多いです。中には竹の節をスライスして作ったものもあります。別に瓶敷とも呼ばれます。

煎茶道具の関連ページ紹介

さらに煎茶道具に興味を持たれた方へおすすめの関連ページ紹介をさせていただきます。

煎茶道具を一覧にしてご紹介
にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ