「茶心壷」(ちゃしんこ)は、茶葉を入れる器物です。文字通り壺型で、蓋が付いており、古くからの茶所(ちゃどころ:京都の宇治など)で見る茶壷(ちゃつぼ)と同じ形をしています。素材はほとんどが陶磁器で、稀に木や漆器、錫(すず)でつくられうものもあります。名前の由来も、中国から伝来してきたときの漢字をそのままあてています。茶道では抹茶を入れる棗(なつめ)や茶入(ちゃいれ)と呼びますが、煎茶道では、茶心壷のほか、「茶壺」(ちゃこ)「葉茶器」(はちゃき)「茶貯」(ちゃちょ)などと呼びます。

煎茶道具「茶心壺」(ちゃしんこ)
煎茶道具「茶心壺」(ちゃしんこ)と「仙媒」(せんばい)

茶心壺にはいった茶葉を、まわしながら仙媒(せんばい)におとしている様子です。

シンプルな赤絵つる草紋の茶心壷ですが、そこが可愛くてよく使っています。

動画で見るとこういった雰囲気がわかりやすいです。

煎茶道具である茶心壷(ちゃしんこ)について