参考 煎茶全書  主婦の友社 昭和49年

※名称は流派や先生によって異なります。

煎茶道具”香炉”
煎茶道具”香炉”

煎茶道具「香炉」について

煎茶道具「香炉」とは、固体状の香料を加熱し、香気成分を発散させたり、線香に火を点じて、炉中の灰に立てて使ったりします。

このほかにも香立(こうたて)や香皿(こうさら)があります。

関連する煎茶道具として、香木や練香を収納する「香合」というお道具もあります。

煎茶道具「香炉」の素材や形について

香炉は主に陶磁器で制作されます。

高温にして、香木を温めなければいけないため、その温度にも耐えられる素材が使われます。

煎茶道具「相馬焼の香炉」

煎茶道具「相馬焼の香炉」

相馬焼は青ひび、駒の絵、二重焼などを特徴とする300年以上の歴史を持つ福島県の指定伝統工芸品です

特徴の1つは「青罅焼」(あおひびやき)であり、青磁釉に大きく貫入の入る青罅釉のかかった焼き物で、ひび割れが器全体に拡がって模様になっています。

2つ目は「駒の絵」であり、疾走する馬の絵が手書きで描かれています

最後の3つ目は「二重構造」です。熱い湯を入れても持つことのできる構造を持っています。

煎茶道具「九谷焼の香炉」

煎茶道具「九谷焼の香炉」

石川県の伝統工芸である九谷焼(くたにやき)は、石川県南部の金沢市(かなざわし)、小松市、加賀市、能美市(のみし)で生産される、色絵が美しいのが特徴の磁器(じき)です。

九谷焼の代表的な彩色技法、白粒(しろちぶ)。 地色の上に、粒と称する細かい点の練り上げを並べ鮫皮の様に仕上げた、高級感あふれた九谷焼独特の人気柄で、 落ち着いた重厚感と品のよさを備える艶やかな香炉です。