羽箒(はぼうき/うそう)

煎茶道の型ので「炭手前(すみでまえ)」をおこなう際に使われます。涼炉(りょうろ)に付いた炭の灰を掃き、清めるために用います。素材は実際の鳥の羽根を使用します。一般に使用されるのは野雁の羽で、他には鶴や鷹(たか)、鷲(わし)、雁(かり)のものが使われます。柄の部分は竹の皮で巻かれているものが多いです。

煎茶道具の羽箒(はぼうき/うそう)